【PR】 シャドウムーア ブースター 日本語版 BOX(11,756 円)
【PR】 シャドウムーア ブースター 英語版 BOX(11,756 円)
【PR】 シャドウムーア ファットパック 英語版(3,145 円)

2008年03月20日

MOR祭り(完)

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

『おれは1パック目ローグを集めていたと思ったら
いつの間にか赤緑シャーマンデッキが出来ていた』

みたいな感じのMMMドラフト。王道のキスキン・ローグは全員が狙うためにパーツが来ず、 最終的に神カードゲーに収束していくことになった。よって飽きた。2回連続1没したし。

PEも1回出たが、パックが弱すぎて0-2ドロップ。スターターも捌けたので、あと1日残っているが個人的にMOR祭りは終了。 さてシャドウムーアまで何をしよう。



2008年03月17日

MOR祭り(8) アンコゲー

MMMドラフト。初手《目覚ましヒバリ/Reveillark》だったが、2手目《憤怒の鍛冶工/Rage Forger》→3手目 《火砕の領事/Pyroclast Consul》から赤緑シャーマンへ。同型狙いがいるらしく、思うようにパーツが集まらなかったが、 何とか形にはなった(decファイル) 。

勝ち(白青?)→勝ち(赤緑エルフ戦士)→勝ち(白青キスキン)。《憤怒の鍛冶工》2枚連続プレイ→フルアタックとかせこすぎ。

そういえばえろい人曰く、《粒選りの収穫/Cream of the Crop》の誘発型能力の解決時、 そのクリーチャーのパワーが0未満(-4/-0するアレとかで)の場合、ライブラリを全部操作できるらしい。すげー。

2008年03月16日

MOR祭り(7) ならず者祭り

MMMドラフト。初手《寓話の賢人/Sage of Fables》からたまにはマーフォークでも・・・と思ったが、2手目 《ウーナの黒近衛/Oona's Blackguard》からやっぱりローグ(decファイル) 。

1戦目(白黒?)、《悪名高き群れ/Notorious Throng》が決まって圧勝。2戦目(赤緑シャーマン)、 1本目呪文4枚土地10枚、2本目序盤の猛攻を《火砕の領事/Pyroclast Consul》でリセットされ、 ライフ2まで追い詰めたが黒マナが1枚しかなくて《欠片盗み/Morsel Theft》素打ちが出来ずに負け。

この環境はやっぱり基本アンコ・レアゲーだと思い知らされた。

2008年03月15日

MOR祭り(6) ななららずず者者

MMMドラフト。初手《ヤスデ団/Earwig Squad》からならず者一直線。除去が2枚しかないが、 《掛け鍵のフェアリー/Latchkey Faerie》4枚とか取れて低マナ域もしっかりしたデッキ(decファイル) ができた。

のだが。1戦目(白青キスキン)、普通に勝ち→普通の初手キープだったが除去の嵐で負け、トリプルマリガン負け。

悔しかったのでもう1回MMM。《外套と短剣/Cloak and Dagger》から再びローグ決め打ち。途中で 《棘噛みの杖/Thornbite Staff》が流れてきたので、《ツキノテブクロの変わり身/Moonglove Changeling》も見たら取っていった。

最初のに比べると地味な感じなデッキ(decファイル) だが、危なげなく3連勝。LLMドラフトでは評価下落中の《遠くの旋律/Distant Melody》を2枚採用してみたのだが、 序盤に軽量クリーチャーを並べるこのタイプのデッキとは相性が良かった。まず3枚ドロー→もう1枚引いてきて更に5枚ドローとかやった。 接死《杖》も1回決めることが出来た。

2008年03月13日

MOR祭り(5) 勝ちきれず

MMMドラフト。1パック目初手は濃い緑を避けて《掛け鍵のフェアリー/Latchkey Faerie》スタート。 その後順調にローグが集まり、まあまあの感じの青黒が完成。途中で《カメレオンの巨像/Chameleon Colossus》を拾ったり。

1戦目・2戦目とも高速ビートが決まったが、最終戦の白単にぶんぶん→逆事故で負け。最終戦1本目の初手を、 2ターン目以内に2マナ以下クリーチャー引けばOKという条件でキープしたのが間違いだった。 でもデッキ自体の相性が結構悪いような気がした。

クリーチャー(15)
1 《鱗粉の変わり身/Mothdust Changeling》
2 《トゲだらけのボガート/Prickly Boggart》
3 《蛙投げの旗騎士/Frogtosser Banneret》
2 《ウーナの黒近衛/Oona's Blackguard》
3 《露滴のスパイ/Dewdrop Spy》
1 《とどめの一刺しのフェアリー/Final-Sting Faerie》
3 《掛け鍵のフェアリー/Latchkey Faerie》

呪文(8)
1 《堕ちたる者の蘇生/Revive the Fallen》
2 《群れの侮蔑/Pack's Disdain》
1 《外套と短剣/Cloak and Dagger》
3 《欠片盗み/Morsel Theft》
1 《スミレの棺/Violet Pall》

土地(17)
9 《島/Island》
8 《沼/Swamp》

2008年03月09日

MOR祭り(1) 何という・・・

26時頃帰宅し、PEに参加できるかなーと思ってMO起動したら、こうなった (リンク先は2ch)。PEの自動生成をOFFにし忘れた責任を特に取らず、 参加者の1時間をあっさり無駄にして知らん顔なWotCって何なの。

仕方が無いので、奴らの思惑に乗ってあげてMMMドラフト。1パック目2手目・3手目と《掛け鍵のフェアリー/Latchkey Faerie》取れたのでならず者をやりたかったが、白だだ流れだったので白単へ。最終戦で引きが弱くて負けたが、 デッキパワー自体はかなりおかしい事になってた。でも《棘噛みの杖/Thornbite Staff》だけは要らなかったなー。

クリーチャー(14)
3 《主の戦術家/Cenn's Tactician》
1 《蚊の守り手/Mosquito Guard》
3 《バリラシュの旗騎士/Ballyrush Banneret》
3 《黄金コオロギの騎士団/Order of the Golden Cricket》
1 《光舞い/Shinewend》
1 《ブレンタンの爆撃手/Burrenton Bombardier》
1 《キスキンの西風乗り/Kithkin Zephyrnaut》
1 《ブレンタンの盾持ち/Burrenton Shield-Bearers》

呪文(10)
4 《揃った連射/Coordinated Barrage》
1 《良心の呵責/Weight of Conscience》
1 《棘噛みの杖/Thornbite Staff》
1 《黒曜石の戦斧/Obsidian Battle-Axe》
3 《膨らむ勇気/Swell of Courage》

土地(16)
16《平地/Plains》

2007年10月30日

何故か好調の第10版

パックを使い切るつもりで第10版リミテッドPEに出てみた。目当ては《モグの狂信者/Mogg Fanatic》だったのだが、そんなものは登場せず、しかもレアが全部ゴミっぽい。緑のファッティだけは強いみたいな赤緑で、割と出なきゃよかった的な心理状態。

だったのだが、何故か3連勝。4戦目を激しい逆事故で落として萎えたが、5戦目で強豪クランのひとを倒してTOP8入り。メイン投入した《忍び寄るカビ/Creeping Mold》がすごい活躍した。

決勝ドラフトで今度こそ《モグの狂信者》を・・・と思ったが、やっぱり出ず、他のマネーも無し。除去が《説得/Persuasion》のみでひたすら地上ファッティで殴る青緑になっちゃって1没を覚悟したが、準々決勝は《説得》がささったりクリーチャーの質・量で勝ったりして勝ち、準決勝は黒単にぶん回られたりまた激しい逆事故したりで負け。

第10版が12パックに増えた。いい加減売りさばいてシングル買いやらローウィンのパックやらに充てようと思う。

2007年10月28日

1パック目でレア5枚とか

ローウィン祭りに備えて(?)スタンダードデッキを組もうと思ったら、《火葬/Incinerate》が3枚しか無いことに気付いた。で折角NixTixをやっているということで、余っていたパックを使って久々の第10版ドラフトに参加。

1パック目初手《樹上の村/Treetop Village》…そういえばこれも3枚しか持ってなかったので即取り…2手目《アダーカー荒原/Adarkar Wastes》、3手目《墓生まれの詩神/Graveborn Muse》と順調にマネーピック。

2パック目初手で念願の《火葬》が出たので、赤に行ってなかったけど取り合えずピック。すると下から《ピット・ファイター、カマール/Kamahl, Pit Fighter》さんがこんにちは。その後《大地の飛礫/Spitting Earth》なども取れて結局赤緑、微妙に枚数が足りなかったので《本質の吸収/Essence Drain》と《グレイブディガー/Gravedigger》だけタッチ。

結果は相手のミスに助けられたり《カマール》が強すぎたりして優勝。カードだけでなくパックも増えてお得な結果に終わった。あと《モグの狂信者/Mogg Fanatic》が2枚足りないんだけど、時間があまり無いかもなのでこちらは普通に買うかな。

2007年08月17日

第10版祭り(3・4) 何という事でしょう

3回目(2倍PE)、参加者24人で3勝1敗だったのでTOP8入ったなーと思ったら、最終戦で下と当たり、そして負け、そしてオポ%をまくられて9位…。

4回目(2倍PE)、2勝2敗でむかえた最終戦を辛くも制し、他のマッチの結果がうまく働いて8位滑り込み。でもドラフトデッキの出来が微妙な上、相手の《立ちはだかる影/Looming Shade》に押しつぶされて負け、1没。毎ゲーム《魂の饗宴/Soul Feast》持ってるのはせこすぎる。

第10版祭り(3)シールドデッキ第10版祭り(4)シールドデッキ第10版祭り(4)ドラフトデッキ

2007年08月14日

第10版祭り(2) また逆事故

2倍PE。噂の《神の怒り/Wrath of God》《剃刀毛のマスティコア/Razormane Masticore》ソートパックを引くも、白の線が細いと判断し赤緑タッチ黒を構築したらやましょーさんに怒られた。それでも《剃刀毛のマスティコア》が強すぎて3連勝IDIDで決勝ドラフトへ。

ドラフトは高額カードが出なかったものの、かなりのパワーな黒赤を構築。しかし準決勝でまたも逆事故に遭い2没。しかも先にggだし。

第10版祭り(2)シールドデッキ第10版祭り(2)ドラフトデッキ

そうそう、ラミハル氏の提案でコモンソート用フォームも作ったので、よかったらご協力を。

2007年08月13日

第10版祭り(1) 逆事故祭り

やっと第10版祭りに初参加(2倍PE)。マネーカードこそ無いものの、《マハモティ・ジン/Mahamoti Djinn》《説得/Persuasion》《新緑の魔力/Verdant Force》を擁するなかなか強力なカードプール。

だが3戦目に逆土地事故→逆土地事故で負け、最終戦も逆事故→事故で負けて3勝2敗の10位。このパックで抜けられないと、この先一体どうなってしまうのか。

第10版祭り(1)シールドデッキ

2007年07月15日

第10版パーティー

三原の第10版発売記念パーティーに参加した。とりあえずデッキを見てくれ。

続きを読む

2007年06月12日

FUT祭りFINAL

4倍PE。除去だけは豊富な白赤タッチ《稲妻の天使/Lightning Angel》。初戦を相手の《大火口のカヴー/Firemaw Kavu》だけで負け、その後色々小技を連発して何とか3連勝したが、最終戦で相手のバイバックストーム+1/+0によって1ターン差負け。14位だったのでとりあえず6パックだが、既にFの価格は暴落しており、儲けにはならない。

その後FFFを2回。1回目はレアピックしまくりで弱目の白青を構築、そして事故事故で1没…デッキ弱いときはいっつもこれだ。2回目は《サーシの騎士/Knight of Sursi》《コー追われの浸透者/Infiltrator il-Kor》4枚ずつによるビートを《ヴェンセールの拡散/Venser's Diffusion》《エイヴンの占い師/Aven Augur》でバックアップし優勝。

最初は緑最強だと思っていたFFFドラフトだったが、結局白青の待機クリーチャーが強すぎた。除去の豊富な赤も、1ターン目・2ターン目待機とされれば除去が追いつかずにテンポで圧倒的に負け、緑は《ソーンウィールドの射手/Thornweald Archer》でも白青の両待機が止まらず…といった感じだった。黒? 何のことです。

2007年06月07日

FUT祭り(5) ドラフトだけ好調

2倍PE。《遍歴のカゲロウ獣/Errant Ephemeron》がフォイル込みで2枚のラッキーパックを引くが、2色では枚数が足りずに青緑タッチ何かの方向。《弧状の刃/Arc Blade》《稲妻の斧/Lightning Axe》《流動石の抱擁/Flowstone Embrace》のある赤を最初はタッチしていたが、デッキの動きが微妙に噛み合わず、サイド後は《一瞬の瞬き/Momentary Blink》と占術除去のある白にチェンジした。

1戦目をいつものマリガン事故で落とし、その後2連勝。TOP8をかけた4戦目で、またもや《大量の芽吹き/Sprout Swarm》差負け。僅かな望みをかけた最終戦も引きが奮わず、しかも先にGG言われての負け。死ねよ。

FFFドラフト。《サーシの騎士/Knight of Sursi》と《鞭背ドレイク/Whip-Spine Drake》が4枚ずつという史上最高レベルの白青(相手によって白緑)で、有無を言わさぬ空中ダイブで3連勝。2戦目に1本だけ土地2で止まって落としただけ。

《サーシの騎士》アタックに《ソーンウィールドの射手/Thornweald Archer》が立ちはだかって即死するシーンを今日までに3回は見た。デスタッチはダメージを与えないと働かないので気をつけよう。

FUT祭り(4)

4倍PEで3勝3敗。デッキは赤緑。負けた試合は大体《大量の芽吹き/Sprout Swarm》による物量差が敗因。《カー峠の災い魔/Scourge of Kher Ridges》はさすがに強かったが。

FFFドラフト。レア土地を掠め取りながらの青緑。1戦目(黒赤)を《アクローマの記念碑/Akroma's Memorial》の圧倒的パワーで勝ち、2戦目(青緑)を物量差で圧倒。最終戦(黒赤緑)は1本目マリガン後事故負け、2本目《アクローマの記念碑》が強すぎて勝ち、そして3本目で痛恨の4マリガンで手札3スタート…だがライフ1まで追い詰める健闘を見せた。結局待機2点と時間カウンター取り除く精霊のコンボとか、パワー4以上で4点の人と+2/-2エンチャントのコンボとか間に合って負けたけど。

本当にMOのシャッフラーは日本人に優しくないなー(被害妄想)

2007年06月06日

FUT祭り(3) ドラフト

予定よりも早めにFUT入りドラフトが始まったので、4回ほどFFFをやってみた。

  1. (青赤)…相手のぶんぶんに除去が間に合わず負け、1没。
  2. (白緑)…軽量クリーチャーによるビート+全体+1/+1警戒によるフィニッシュで、除去無しながらも優勝。
  3. (白緑)…ダブルマリガンで1没。
  4. (青緑+赤)…2戦目の青緑同系対決で、《大量の芽吹き/Sprout Swarm》差負け、2没

まだ色々試している最中。レア取りもやっているので、勝率が微妙なのは仕方ないか。

2006年10月08日

世界への道(1)事故事故

「死んでも予選に出ろ」とのクランキャプテンの命に従い、コールドスナップ・リミテッドPEに参戦。《アダーカーの戦乙女/Adarkar Valkyrie》《難問のスフィンクス/Vexing Sphinx》らの入った白青タッチ赤で、一応《冷鉄の心臓/Coldsteel Heart》サポートつき。2枚の《クロヴの囁き/Krovikan Whispers》の他除去も割と豊富。

1戦目の1本目は飛行戦力であっさり勝ったが、2本目・3本目と《氷結地獄/Cryoclasm》が刺さって負け。2戦目は相手ぶんぶん&こっち事故事故。あっという間にドロップ。弱すぎるスタートで先行き不安すぎ。

2006年08月24日

コールドスナップ祭り(4) コウカイ

昨日獲得した8パックぽっちを使って、ついカッとなって6回目のPE(2倍)に出場した。

やっと登場の《霧氷鱗のドラゴン/Rimescale Dragon》に加え2枚の《ロノムの大男/Ronom Hulk》を主軸に、これまた2枚の《北方行/Into the North》からのサーチに期待して薄めに青・黒もタッチし、パワーはなかなか。

と思ったら、いきなり1戦目にトップデッキ連打で負け。相手曰く土地16で、そこから《疫病の女王、ガルザ・ゾル/Garza Zol, Plague Queen》やら《徴用/Commandeer》やら打ってくるなんて流石ですよ。2戦目は普通に勝ったが、3戦目で引きの弱さが出て負け。《レシュラックの伝令/Herald of Leshrac》に氷雪土地を全て奪われ、こちらの《ロノムの海蛇/Ronom Serpent》が死んだのが…。

結局1回も《ドラゴン》を降臨させることなくドロップ。昨日の微妙なデッキで勝てて、今日のデッキで勝てないなんて。一体どうしたらいいんだ?

獲得したパック…2(ドラフト2没)+4(2倍PE1没)+8(4倍PE1没)
消費したパック…12(ドラフト)+30(PE)+28チケ
損益…28パック・28チケ損

いやはや。チャンピオンシップでTOP4以上にならないとプラスにならないらしい。とにかくPEの決勝で勝てないのが痛すぎるわけで。まあこればかりは呪いだから仕方が無い。

続きを読む

2006年08月23日

コールドスナップ祭り(3) ウンメイ

PE参加4回目(4倍)、《忍び寄るイエティ/Stalking Yeti》《ウィーティゴの姿/Shape of the Wiitigo》ぐらいしか強いカードが無い普通のパックで、勝ち-負け-勝ち-負け-負けで2-3ドロップ。やはり事故りまくり。

5回目(4倍)、これがおそらく最後の祭りPE参加。今までで一番微妙なのでは?というカードプールで、地上クリーチャーによるぶつかり合いには勝てなさそうだったので、《ボリアルのグリフィン/Boreal Griffin》で殴り勝つデッキを構築。これが功を奏したのか、あれよあれよと勝ち上がり、5戦目でこけたものの6戦目勝ち→IDでTOP8入り。まあ単に対戦相手がことごとく事故気味なだけだと思う。

ドラフトは初手《魂の撃ち込み/Soul Spike》から黒緑へ。2パック目2手目に《ガルザの暗殺者/Garza's Assassin》が流れてきたり結構美味しい。ただし《北方行/Into the North》を取れず一抹の不安。

案の定、最初の相手(白赤)に高速ビートされて負け。《砂の殉教者/Martyr of Sands》を入れてまで低マナに寄せられて毎ターンクリーチャーを展開された上、こちらの動きは4ターン目から…というのではさすがに勝てず。決して弱いデッキでは無いとは思うが。

いつも通りの1没。どうやら本格的に呪われているらしい。

続きを読む

2006年08月22日

コールドスナップ祭り(2) ボウゼン

懲りずに2倍PEに参戦。パックはやっぱり微妙な感じだったが、相手の事故のお陰で勝ち進みTOP8入り。

しかし決勝ドラフトは開封パックがことごとく弱く、除去もほとんど取れず。4体の《ロノムの大男/Ronom Hulk》頼みの赤緑で、事故負け→事故勝ち→除去連打されて負け。1没祭り。

相変わらず未来が見えない感じ。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。