【PR】 シャドウムーア ブースター 日本語版 BOX(11,756 円)
【PR】 シャドウムーア ブースター 英語版 BOX(11,756 円)
【PR】 シャドウムーア ファットパック 英語版(3,145 円)

2005年11月06日

ラヴニカ祭りの裏番組、GP北九州雑感

岡山勢が上位にずらーり。2日目も頑張れ。

尾道の某プロは初日落ち。Finals予選頑張れ。

《壌土からの生命/Life from the Loam》+《突撃の地鳴り/Seismic Assault》デッキは感動した。MOでも割と安く組めるかも知れないので、デッキレシピ公開に期待。

一方、発掘は強い=墓地対策必須=《消えないこだま/Haunting Echoes》最強、てことか。さすがだ。オデッセイ・レアなら何とか手に入れられるか?



2005年11月03日

GPTに参加(参加者12人)

北九州には行かないが、折角うちから10分のところで開催されるのでふらっと参加してきた。デッキはPTLAでTOP8入りした《サイカトグ/Psychatog》のほぼ完コピ。

  1. ××− 黒緑
  2. ○×○ BDW
  3. ×△− サイカトグ
  4. ○×× BDW

1勝3敗。実力と調整量とにきっちり比例した戦績である。優勝はHOTDOG氏のゴルガリマッドネスのようなデッキ。

おまけ。その後、メインイベントのボウリングで185→113→105→141。調子が落ちたときの画期的な対処法を発見し、参加者全員でその効果を証明してしまった。これで対抗戦も万全だ(えー)。

2005年10月10日

3倍PE初挑戦はエクステンデッド

午前9時からのVANスタンダードに出損ねたので、午後2時開始の3倍エクステンデッドに出場してみた。デッキはyamashoプロ仕様の《平等化/Balancing Act》デッキ。今までほとんど回したことが無いので、思わぬポカをやらかさないように注意しながらプレイした。

RDW・青緑ストーム・親和を倒してのラウンド4に、最悪相性の《サイカトグ/Psychatog》に遭遇。1本目は普通に負け、2本目は《抹消/Obliterate》→《敏捷なマングース/Nimble Mongoose》で勝ち、3本目は《頭蓋の摘出/Cranial Extraction》で《抹消》を抜かれたが、《燃え立つ願い/Burning Wish》で回収→リセット、引き勝負に持ち込んだ後で土地引き→《藪跳ねアヌーリッド/Anurid Brushhopper》、これが通って奇蹟の勝利。

ラウンド4終了時点で全勝は3人。うまく全勝同士でペアリングされればTOP8…しかし先ほどの勝利で運を使い果たしたのか、ラウンド5では下の順位のマッドネスに当たってしまって引きが伴わず負け、さらにIDすればほぼ通過だろうというラウンド6で何故か3-1-1の10ポイント(RDW)とペアリングされてガチへ…。だが何とか勝利し、何だかんだありつつもTOP8へ。

準々決勝は相性の良い親和。《藪跳ねアヌーリッド》で場を固め、手札を空にしつつ《平等化》でリセット。さすがに勝っただろーと思ったら、相手の引きが土地→《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》→《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》→《頭蓋囲い/Cranial Plating》→土地…。一方こちらは土地を全く引かず、後続を展開できず。相手はどうやら神だったようだ。2本目も「マリガン→微妙な手札キープ→相手ぶんぶん」という黄金パターンで負け。

結局TOP8止まりで、9パックという微妙な賞品をゲット。いくら3倍でも1没はやはり美味しくないような。まあ、初トライにして世界選手権予選参加権獲得(ややこし)を達成したので良しとする。ちなみに一緒に参加していた同クランのnonsugar氏も通過。ozak氏は残念。

7 青緑ストーム
5 マッドネス
5 親和
5 RDW
5 《サイカトグ/Psychatog》
3 ゴブリン(タッチ白含む)
3 黒ビート(タッチ赤含む)
3 TheRock
2 緑ウルザトロン(タッチ黒含む)
2 白青赤《オアリムの詠唱/Orim's Chant》
1 緑単ビート
1 白青鳥ビート
1 白青黒ライブラリ破壊
1 青緑スレッショルド
1 青黒赤ビート
1 《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》
1 《平等化/Balancing Act》

2005年09月29日

#603341 エクステンデッド2倍PE(参加者31人)

参加してないけど調査してみた。GP北九州などの次世代エクステンデッドの指標となるか?多分ならない。

6 赤単(RDW4、土地破壊1、バーン1)
5 緑ウルザトロン
4 ゴブリン
3 青緑マッドネス
3 赤緑ステロイド
2 白青コントロール
1 《サイカトグ/Psychatog》
1 親和
1 《機知の戦い/Battle of Wits》
1 《平等化/Balancing Act》
1 リアニメイト
1 青赤緑
1 緑ビート
1 《クラーク族の鉄工所/Krark-Clan Ironworks》

2005年08月06日

次期エクステンデッドを少しだけ戯言(かた)ってみる

ラヴニカ(Ravnica)発売とともに激変するエクステンデッド環境。Web上では、ちらほらと次期エクステンデッドについて語られ始めているが、どのサイトも何故かウルザトロンについてはスルーしまくっている。現在のオンライン・エクステンデッドでもメタの一角であるこのデッキを敢えて無視するのは、単なる情報操作によるものなのかもしれない。

ウルザ土地を揃えて《歯と爪/Tooth and Nail》や《精神隷属器/Mindslaver》を高速でプレイするという戦略は現在のスタンダードと全く同じだが、エクステンデッド故のカードプールの広さによって、その強さは更に高められている。クリーチャー・デッキに対する耐性を高める《一瞬の平和/Moment's Peace》も重要なカードだが、何より必須なのが《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》等のいわゆるフェッチ・ランドだ。

フェッチ・ランドは、《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》のサーチ力をかなり高めている。現スタンダードのウルザトロンでは、《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》《森の占術/Sylvan Scrying》《刈り取りと種まき/Reap and Sow》の3枚が標準で搭載され、それぞれ重要なシャッフル・カードとみなされている。これにフェッチ・ランドが加わることにより、シャッフル回数がさらに増す。土地は揃っているのにフィニッシャーを引かないなどという場合、《森の占術》でフェッチ・ランドをサーチして《独楽》を起動、その結果が気に入らなければさらにフェッチ・ランドを起動して《独楽》を起動…という感じだ。

基本はやはり緑単だが、親和をメタって《破滅的な行為/Pernicious Deed》を投入した黒緑ヴァージョンも存在する。《サイカトグ/Psychatog》のような打ち消しデッキにはやはり相性が良くない。また、《平等化/Balancing Act》デッキのリセットの速さにも太刀打ちが出来ず、このあたりをメタる必要があるだろう。《平等化》デッキや同型に対しては《土喰い巨獣/Petradon》+《鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker》or《騙り者、逆嶋/Sakashima the Impostor》によるマナ・ロックが効果的だ。

スタンダードのデッキにちょっとだけパーツを足すだけで簡単に組めるというのも良い。という訳で(?)、エクステンデッドのデッキ選択のひとつとして、ウルザトロンの事もたまには思い出してあげてください(謎)

2005年07月28日

#569197 エクステンデッド2倍IPA予選・デッキ分布

16 親和
10 ゴブリン
8 Red Deck Wins
6 ウルザトロン
5 《平等化/Balancing Act》
3 タッチ赤《サイカトグ/Psychatog》
3 赤緑ステロイド
3 5色ドメイン
2 黒赤緑
2 白緑サイクリング(タッチ黒含む)
2 青緑《精神の願望/Mind's Desire》
2 白青赤《オアリムの詠唱/Orim's Chant》
2 青緑タッチαコントロール(タッチ黒・赤)
2 白ウィニー(タッチ青含む)
5 その他(白青赤緑《けち》、ずべら、青緑マッドネス、黒単コントロール、緑単蛇)
16 不明

参加者87人。調査できたのが第3回戦の最中だったので、不明が多数。最近何故か《平等化》デッキが増えてきているような気がする。確かに、《サイカトグ》やマッドネスのような打ち消し系デッキが減ってきているのは追い風だろう。手札破壊さえ受けなければ、かなりのやり手の予感。

私は多数派中の多数派である親和で参加し、勝ち(5色)→負け(白青赤緑《けち》)→勝ち(《サイカトグ》)→負け(赤緑)でドロップ。全然エクステンデッドを練習していないだけあって、さすがに全然デッキを回せなかった。

2005年03月16日

久々のエクステンデッドPE参戦

ここ最近ずーっとシールドデッキ戦ばかりやっていたので、プレイングとかデッキの練り込みに不安一杯な状態で参戦。デッキはウルザトロンしかないのでそれで。サイドボードに《紅蓮地獄/Pyroclasm》を搭載し、《ドワーフの爆風掘り/Dwarven Blastminer》を対策したフリ。

1.○○− 赤緑ステロイド
2.×○× 赤単RDW
3.××− 赤緑ステロイド・タッチ黒

2戦目はしゃーないとして、3戦目は「なんだかなー」的な展開に。《極楽鳥/Birds of Paradise》から《火+氷/Fire+Ice》で土地をタップさせられて《一瞬の平和/Moment's Peace》を封じられた上で、手札から2枚の《象の導き/Elephant Guide》が《幻影のケンタウロス/Phantom Centaur》に付いてアタック17点とか。

折角タッチ赤タイプにするなら、《燃え立つ願い/Burning Wish》入りの方が良いのかも。このあたり、まだまだ練り込みが足りない。

2005年02月17日

練り上げれば最強?「ゴーレムダンス」デッキ

PTフィラデルフィア・丸亀予選で噂に聞き、広島予選で実際に遭遇した、衝撃のコンボデッキを紹介する。キーカードは…誰もが見向きもしない…ハズだった《合成ゴーレム/Composite Golem》!原作者の方からクレームが入った場合、レシピは直ちに消去する。

クリーチャー(4)
4 《合成ゴーレム/Composite Golem》

呪文(36)
3 《金属モックス/Chrome Mox》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《入念な研究/Careful Study》
4 《吸血の教示者/Vampiric Tutor》
4 《再活性/Reanimate》
3 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
3 《思考停止/Brain Freeze》
3 《直観/Intuition》
3 《狡猾な願い/Cunning Wish》
2 《実物提示教育/Show and Tell》
3 《死体のダンス/Corpse Dance》

土地(20)
7 《島/Island》
7 《沼/Swamp》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
1 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》

サイドボード(15)
3 《強迫/Duress》
2 《寒け/Chill》
2 《防御の光網/Defense Grid》
1 《魔力流出/Energy Flux》
1 《残響する真実/Echoing Truth》
1 《金粉のドレイク/Gilded Drake》
1 《もみ消し/Stifle》
1 《思考停止/Brain Freeze》
1 《直観/Intuition》
1 《死体のダンス/Corpse Dance》
1 《仕組まれた疫病/Engineered Plague》

このデッキの動きはこうだ。まずは《合成ゴーレム》を場に出す。《再活性》でも《死体のダンス》でも構わない…場合によっては「素出し」でも。そして《ゴーレム》のマナ能力を起動し、その5マナを使って《死体のダンス》をバイバックでプレイする。場に戻るのは、もちろん《ゴーレム》だ。再び5マナを出して《ダンス》…これを繰り返す。

フィニッシュは《思考停止》によるライブラリアウトだ。もし手札に《思考停止》が無い場合は、フィニッシュ直前に《ダンス》をバイバック無しでプレイし、青マナを含む2マナを浮かせ、更に《ゴーレム》を生け贄にした5マナからの《直観》や《狡猾な願い》でサーチすれば良い。

このデッキの凄いところは、先攻1ターン・キルの可能性がある点だ。また、キーカードがクリーチャーであるにも関わらず、クリーチャー除去を全く受け付けず、しかもインスタント速度でコンボが始まるのも脅威だ。私の知人が、プレイした《オアリムの詠唱/Orim's Chant》スタックでコンボを決められて負けた、という事実もある。

このデッキの弱点だが、コンボデッキの常として手札破壊に弱く、またチェイン(連鎖)コンボなので、《秘儀の研究室/Arcane Laboratory》や《紅蓮光電の柱/Pyrostatic Pillar》を置かれるのもマズい。無論、《翻弄する魔道士/Meddling Mage》は大問題だ。上のレシピでは、それらのカードへの対策が不十分であると感じる。《残響する真実》を追加したり、普通のリアニメイトよろしく《怒りの天使アクローマ/Akroma, Angel of Wrath》を搭載する等の改良が求められるだろう。

2/17 AM1:00開始エクステンデッドPEデッキ分布

8 ゴブリン(うち召集6)
5 ウルザトロン
4 The Rock
3 親和
2 《クラーク族の鉄工所/Krark-Clan Ironworks》
2 赤緑ステロイド
2 黒単
2 《精神の願望/Mind's Desire》
1《サイカトグ/Psychatog》
1 赤単RDW?
1 赤緑土地破壊
1 黒赤コントロール
1 サイクリング
1 白黒緑ジャンク
1 マッドネス

相変わらずのゴブリンっぷり。メイン《紅蓮地獄/Pyroclasm》とか凄く効きそうな感じのデッキ分布である。

2005年02月12日

うどんを食べることが出来なかったのが痛恨の極み

PTフィラデルフィア・丸亀予選。参加者38人でスイスドロー6回戦による予選ラウンド後、TOP8に残ったのは、RDW2人・無限ライフ2人・白青デザイア2人・ゴブリン・リアニメイト。決勝にはRDWとデザイアが残り、トラベルマネーと賞品をスプリットして終了した。

私は《魔の魅惑/Aluren》デッキで参戦し、

1.○○− 《魔の魅惑/Aluren》
2.○×○ 《ゴブリンの溶接工/Goblin Welder》入りリアニメイト
3.×○× デザイア
4.○×○ リス対立
5.○×× RDW

3勝2敗ドロップ。しかし、4勝2敗ラインから一人TOP8に進出しており、あわよくば残れたのかもしれない。やや後悔。

2005年02月10日

2/10開催エクステンデッドPEデッキ分布

6 ゴブリン(うち召集4)
4 親和
2 黒単
2 マッドネス
1 《クラーク族の鉄工所/Krark-Clan Ironworks》
1 青緑スリヴァー
1 赤単RDW
1 赤緑ステロイド
1 赤緑土地破壊
1 ウルザトロン
1 白青連繋ライブラリ破壊
1 白黒緑ジャンク
1 緑単(スタンダードと同じ)
1 リアニメイト

一時期強さを誇ったウルザトロンだが、ここ最近めっきり数が少なくなってきた。赤系デッキがサイドインする《ドワーフの爆風掘り/Dwarven Blastminer》の影響か?

ゴブリンについては、前回調査時は全て召集タイプだったのに比べ、今回は赤単バージョンが出現している。同型メタだろう。

私自身は黒単で出場し、親和-ゴブリン召集と当たって連敗ドロップ。前回の参戦およびカジュアルルームでの練習を踏まえ、コンボ・コントロール系への対策カードを投入した結果、クリーチャーデッキに対しての耐性が下がってしまったようだ。このあたりは「割り切り」が必要みたい。

月曜日開催のエクステンデッドPEデッキ分布

7 ゴブリン召集
3 ウルザトロン
3 親和
2 赤緑ステロイド
2 黒単
1 《精神の願望/Mind's Desire》
1 The Rock
1 青黒赤(謎、ドラコ爆発?)
1 青黒緑スレッショルド
1 赤単土地破壊
1 黒赤?
1 サイクリング
1 白黒緑ジャンク
1 マッドネス

2005年02月03日

2回目のエクステンデッド2倍PE

参加者27人で、予選ラウンドは5回戦。今回はゴブリン召集で参戦してみた。

1回戦目、ウルザトロン。《強迫/Duress》《陰謀団式療法/Cabal Therapy》で徹底的に手札を攻めたのだが、相手の強烈なトップデッキの前に連敗。

2回戦目、黒単コントロール。《仕組まれた疫病/Engineered Plague》《魂の裏切りの夜/Night of Souls' Betrayal》を置かれることも無く、単体除去をたっぷり喰らった後に《総帥の召集/Patriarch's Bidding》フィニッシュを決めて連勝。

3回戦目、親和。1本目は相手のプレイミスによりライフを1残して《召集》が間に合う。2本目は《仕組まれた疫病》で戦線を崩壊させられて負け。3本目は相手の土地が1枚で止まって勝ち。

4回戦目、赤単土地破壊。1回戦目を髣髴とさせる相手のトップデッキの嵐で連敗。ここでドロップ。

リプレイを見た限りでは、今回はゴブリン(赤単・召集)が最も多い感じだった。親和および赤緑ステロイドが第二勢力で、ウルザトロンはやや少なくなっていたようだ。

2005年02月01日

エクステンデッド・シーズン到来!

ただしMOだけど。もちろん、今月から始まるPTQに向けてエクステンデッドの練習は必要なのだが、今のオンライン・エクステンデッドが余りにも美味しすぎるので、これを見逃す手は無い。

何がどのようにどれ程美味しいかというと、
・プレイ人口が少ない
・プレイング・レベルが低い
・実は「ガチデッキ」が少ない
プレイ人口が少ないということは、すなわちイベントのラウンド数が少ない=楽、ということである。現在開催されているエクステンデッドPEは全て賞品2倍にもかかわらず、開催時間によっては32人集まらずに5回戦、ということも多い。

お前のプレイング・レベル自体低いじゃないか!というごもっともな突っ込みはさておき、そんな私から見てもエクステンデッドPEのリプレイでは、明らかな「トンデモプレイ」が連発している。デッキで負けていてもプレイングで勝てる見込みが大いにあるわけだ。

というわけで(?)、初めてエクステンデッド2倍PEに参加してみた。参加者28人なので、予選ラウンドは5回戦。使用デッキはウルザトロン。

1.×○× ゴブリン召集
2.○○− 赤緑土地破壊
3.○×○ 白青
4.○×○ ウルザトロン
5.×○○ ウルザトロン

何とかTOP8に進出したが、準々決勝で同クランのmirakurufait氏のサイカトグに敗れて終了。デッキ相性が悪い上、プレイミスも連発したのではさすがに無理。デッキ調整の余地もかなり残されている感じなので、今後もさらなる研究を行いたい。

2005年01月19日

参加者が少ない上、プレイングも(略)なので今度出てみようかな

#482062 オンライン・エクステンデッド構築2倍PE(19日AM5時開始)。参加者27人。

TOP8の顔ぶれは…
・3 親和
・3 ウルザトロン
・1 《等時の王笏/Isochron Scepter》コントロール
・1 青単

…ナニコレ?スタンダードデスカ?

親和は《陰謀団式療法/Cabal Therapy》や《地底の大河/Underground River》が入っている他はスタンダードと変わりなく、ウルザトロンに至ってはスタンダードと全く同じ。しかも相変わらず《ダークスティールの巨像/Darksteel Colossus》が入っているし(謎)

うっかり緑単で出れば勝てるんじゃないの?なんて錯覚に囚われそうな、そんな一日。マッドネスに当たらなければ、アリかな?アリかな?
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。