【PR】 シャドウムーア ブースター 日本語版 BOX(11,756 円)
【PR】 シャドウムーア ブースター 英語版 BOX(11,756 円)
【PR】 シャドウムーア ファットパック 英語版(3,145 円)

2007年12月22日

早速のNixTixだが

せっかくのNixTixなのでドラフトに参加した。ただし、ローウィンのパックは前述の通り無いので、久々にTPFを。初手《センギアの吸血魔/Sengir Nosferatu》から黒単一直線のピックに走り、《ベラドンナの暗殺者/Nightshade Assassin》《堕落の触手/Tendrils of Corruption》《隷属/Enslave》と除去も上々のものを集められた。あと最近価格上昇した《時代寄生機/Epochrasite》も頂いたり。

サイド後タッチ《カー峠の災い魔/Scourge of Kher Ridges》とか無茶しつつ2連勝したが、最終戦に逆事故逆事故GG。収支的にはプラスだからいいかー・・・などと素直に思えるほど人間が出来ちゃいないぜ。シャッフラーしね!



2007年06月05日

FUT祭り(2) まーたはじまった

2回目(2倍PE)、クリーチャーの足りない白赤タッチ青で事故事故3-2。3回目(2倍PE)、クリーチャーの質だけは一級品だが除去が少ない青緑タッチ黒で、マリガン祭りで2-2ドロップ。何だか噛み合わないなぁ…FUTは個人的に向いていないのかも。

2007年06月03日

FUT祭り(1)

4倍PE(参加者68人)に参加。パックはなかなか強力だが、2色で組もうと思うとちょっと微妙な感じ。《ボガーダンのヘルカイト/Bogardan Hellkite》《硫黄破/Sulfurous Blast》を「タッチ」した青緑+赤で突撃。

結果、1〜3回戦はカードパワーの違いで3連勝。しかし4戦目で相手ぶんぶんに屈し、5戦目でダブルマリガン負け。16位狙いで今続行中だが、かなりやる気が失せちまった。

FUT祭り(1)シールドデッキ

ところで、Fのパック価格が早くも下がっており、SELLでFFF14も存在する。ドラフトが始まったら少し高くなるかもしれないが、いずれにしても在庫は早めに掃いたほうがいいと思う。

*追記*
6戦目をミスで落とし、7戦目は普通に勝って4勝3敗。オポでギリギリ16位に滑り込み、6パック獲得。なんてラッキー。

*今日のプレイミス(ラミハル氏風)*
相手は3/3と《闘技場/Arena》、こちら《ボガーダンのヘルカイト》が場にあり、こちらのライフは2。手札に《スクリブのレインジャー/Scryb Ranger》があったのを出さずに相手の攻撃してきた3/3をブロック→ダメージスタックまで進んでしまい、相手の《闘技場》起動をかわすことが出来なかった。ダメスタ前に出していれば《ヘルカイト》は生き残り、その後相手が出してきた5/5を対処できたのに。

相手のキッカー《カヴーの上等王/Kavu Primarch》が殴ってきたのをチャンプ→《占有/Take Possession》でパクった後、さらに返しの相手アタックに対応して《スクリブのレインジャー》で《カヴー》をアンタップするのを忘れてF2し、むざむざ《塩水の精霊/Brine Elemental》による5点+1ターンを許し、結局その差で負け、とか。これだけミスってたら、そりゃ勝てないな。

2007年05月20日

マリガン祭り

金曜日の4ドラ。初手の《特務魔道士ヤヤ・バラード/Jaya Ballard, Task Mage》、2パック目に流れてきた《壊滅させるものヌーマット/Numot, the Devastator》の2枚を擁する青赤タッチ白を構築。そもそもレア以外の除去が弱く、デッキの出来自体が微妙だったわけだが、そこにマリガンの嵐、続いて当然のように事故で3連敗。

ここで運を思いっきり落として、「未来予知」祭り・日本選手権予選で一気に巻き返しといきたいところだが、果たして?

2007年04月23日

「未来予知」プレリリース全勝

PT横浜のyamashoさんをはじめとする日本人の活躍に注目することもそこそこに、岡山で開催された「未来予知」プレリリーストーナメント(参加者62人)に参加した。

軽い待機と変異満載の、白青タッチ赤。2戦目に相手が《結核/Phthisis》待機していたのを忘れて変なプレイして負けた以外は1本も落とさず、4連勝後ガチスプリットして24パック獲得で終了。

勝ったゲームの半分は《テフェリーの濠/Teferi's Moat》、残りの半分はタッパー製造機こと《ゴールドメドウの監視人》のお陰。《監視人》強すぎ。大量にタップしておいて《塩水の精霊/Brine Elemental》オープンとかセコすぎ。

目立つ活躍をしたコモンは、ディスカードでアンモーフ&暴勇で5/5の《ギャサンの略奪者》、3/1シャドーの《コー追われの浸透者》。後者は特に待機2とか軽すぎ。各種《魔除け》等の軽い除去の重要性が上がるような気が。

疲れているので、とりあえずこれだけ。気が向けばもっとインプレッションを書いてみたい。

2007年04月03日

運を操作されたように感じた

多分今回のIPA最後の挑戦となるTSPリミテッドPEに参加。パックは今までの中でおそらく最悪。《版図の踏みつけ/Tromp the Domains》が唯一の頼みの綱。

ところが、1本も落とさずに4連勝し、5戦目も1本目を取って「やっと奇蹟が…?」と思ったところで、サーバダウン。それを境に、明らかに自分の引きが弱くなり、相手の引きが強化されて負け。6戦目もマリガン事故マリガン事故で負け。

まあ、デッキのポテンシャルから考えると妥当な戦績か? 実は黒緑のほうが強かったのかな…体調が悪いから思考が働かないや。

IPA予選シールドデッキ(3)

2007年03月29日

通報しました

昨日に引き続き、IPA予選のTSPリミテッドPEに参加。参加者は100人弱。

パックは、《深海のクラーケン/Deep-Sea Kraken》《永劫の年代史家/Aeon Chronicler》《紅蓮炎血/Pyrohemia》《新緑の抱擁/Verdant Embrace》など昨日よりパワーカードは多いが、マナサポートが《緑探し/Greenseeker》だけという悩ましい構成…一応《睡蓮の花/Lotus Bloom》もあるが。やや微妙な感じのカードも詰め込んで赤緑タッチ青で構築。

1戦目をパワーカード連打で勝利したものの、2戦目で土地祭りして負け、3戦目で土地事故→相手の《隆盛なる勇士クロウヴァクス/Crovax, Ascendant Hero》が刺さって負け。あっさりドロップ。

最近相手にいちいち捨て台詞を言われることが多い。今日の初戦の相手に「ありえねー」とか「負けたの?信じられねー」とか(日本語で)言われたり、昨日も「お前がTOP8に入らないことを切に願う」とか。MOでもこういった発言に対して非紳士的行為→DQP措置を行ってほしい…Adeptに言っても「ブロックすれば?」で終わりなのが何とも。

IPA予選シールドデッキ(2)

2007年03月28日

事故強ぇぇ

IPA予選のTSPリミテッドPEに出てみた。128人以下だったので7回戦。

パックははっきり言って微妙すぎ。メインは一応赤緑タッチ白で組んだが、サイド後に青緑タッチ赤に変わってみたりした。

で、3回戦まで神を出されながらも何故か連勝し、「パック微妙なほど勝てる理論」が炸裂するかと思いきや、4回戦で事故→相手ぶんぶんで5分で負け。次は勝って最後に望みをつなげたものの、やっぱり事故→相手ぶんぶんで負け。萎えた。

お持ち帰りも《宝石鉱山/Gemstone Mine》ぐらいで、何ともはや。そういえば試しに使ってみた《野生のつがい/Wild Pair》はそこそこ強かった。《モグの戦争司令官/Mogg War Marshal》から《幻影のワーム/Phantom Wurm》が出るのがセコかった。

IPA予選PEシールドデッキ

2007年03月26日

リミッツ店舗予選 in 笠岡

日曜日は割と体調が戻っていたので、笠岡のリミッツ店舗予選に参戦した。初笠岡参戦ですよ…人見知りなのでちょっとどきどき。

参加者は12人で、二つに分かれて6ドラすることになった。抽選の結果、上家にぱたさん、さらにその上にやましょー神という配置。なんだかいつもの三原ドラフトと変わらないんですが?

初手《影魔道士の浸透者/Shadowmage Infiltrator》から青黒を目指そうと思ったが、黒があまり流れてこない。結局もう一色は緑に、あとやたらだだ流れていた《一瞬の瞬き/Momentary Blink》と《嵐前線の乗り手/Stormfront Riders》をタッチという形になった。

結果、勝ち勝ち負けで2位。《滅び/Damnation》《深海のクラーケン/Deep-Sea Kraken》擁するやましょー神には手も足も出なかった。とりあえず地区予選の権利は繰り下がってきたのでよかった。

続きを読む

2007年03月19日

やってくれやがった

2回目のPLCチャンピオンシップ、果たしてリベンジなるか?

相変わらずマネーレアは無しだが、《分解/Disintegrate》《紅蓮炎血/Pyrohemia》《エフラヴァのジェディット・オジャネン/Jedit Ojanen of Efrava》といった強力カードがあり、昨日よりも期待できそうな感じ。赤緑だけだとやや心もとないので、2枚の《模る寄生/Shaper Parasite》と《遍歴のカゲロウ獣/Errant Ephemeron》をタッチしてみた。

2戦目に激しく事故った以外は普通に勝ち、3勝1敗で5回戦を待っている時に…鯖落ち。その後約30分後復帰…そしてPE消滅!

久々にPE消滅の憂き目に遭った。無料PEではあるが、補償および再開催の要望メールを出してみた。何より約5時間を無駄にさせられたのだから、最低限の補償はあってしかるべきだろう。

PLCチャンピオンシップ・シールドデッキ
おまけ:GP Kyoto 2007-03-18.zip(GP京都TOP8デッキ詰め合わせ)

2007年03月18日

PLCチャンピオンシップ前編

高額レアも強力カードも無く、1戦目を運良く勝利した後順調に事故逆事故事故逆事故で2連敗したので、やる気が完全に失せてドロップ。

今日これだけツキが無ければ、明日反動でゴッドパックを引くに違いない。

2007年03月12日

PLC祭り(3)2つ目の権利獲得、なのだが

8時からの4倍PEに参加(参加者63人)。神カードが不在の正直絶望な感じなパックを貰ったが、なぜか4連勝してTOP8入り。《トレイリアの歩哨/Tolarian Sentinel》で《棘鞭使い/Stingscourger》《シタヌールの樹木読み/Citanul Woodreaders》《模る寄生/Shaper Parasite》を使いまわすのがグロかった。

決勝ドラフトは、初手《要塞の監視者/Stronghold Overseer》をはじめ、《無慈悲なる者ケアヴェク/Kaervek the Merciless》《ワーム呼び/Wurmcalling》《エフラヴァのジェディット・オジャネン/Jedit Ojanen of Efrava》といった怪物軍団を擁する黒緑タッチ赤で、重いカードだけでなく軽量スペルも一応揃っており、なかなかの感じ。ところが1戦目、1本目に《巨大埃バチ/Giant Dustwasp》がアタックしたのを《魂の収集家/Soul Collector》で受け止められて負け、2本目は《精神攪乱/Mindstab》でファッティを落とされ、その後土地引きモードに入らされて負け。これは不本意。

PLC祭り4回目シールドデッキ
PLC祭り4回目ドラフトデッキ

追記
PLCチャンピオンシップに関するWikiの記事で、開始日時が1時間遅い記述になっていたので修正。2倍Verが0時から、4倍Verが5時からの開始ということで。各イベントの終了日時も、ひょっとしたら1時間繰り上がるのかも? あと、PPPドラフトは火曜日の午後2時まで。

2007年03月06日

PLC祭り(2)権利とった!

夜8時からの4倍PEに参戦。ちょうど64人で6回戦。

デッキは《嵐の束縛/Stormbind》《大火口のカヴー/Firemaw Kavu》を擁する、2〜3マナに主力が集中した軽量ビートデッキ。4戦目にゴッドデッキを踏んでしまって敗れた以外は、テンポの違いを見せつけて5勝1敗で予選通過。

ドラフトは白青で、あと流れてくる緑のカードをカットしつつな感じ。1戦目のシミチン氏と協議の結果スプリットすることにし、氏が華麗に優勝したので大量26パック獲得(氏に多めの30パックを贈呈)。

チャンピオンシップ権利獲得は随分久しぶり…と思ったら、コールドスナップ祭りの時以来らしい。

PLC祭り3回目シールドデッキ
PLC祭り3回目ドラフトデッキ

2007年03月05日

PLC祭り(1)怒られまくり

昼過ぎから「祭り」初参加となる2倍PEに参加。突破力が全然無いパックな上、色選択を間違えてやましょー様に怒られた。良い所無く0-2ドロップ。

夜に参加した2回目。今度はうって変わって全色強く、エロい人の助言で均等3色で組んだら、やっぱりやましょー様に無茶だと怒られた。それでも3戦目にぶん回られて負けた以外は安定して勝ち進み、5戦目はオポが際どかったもののID→8位で滑り込み。

決勝ドラフトは、《セロン教の隠遁者/Thelonite Hermit》をピックしていたと思ったら、時間切れで変なカードを取らされてしょんぼり。それでも何とか強い部類のドラフトが出来たが、1戦目に《セロン教の隠遁者》出されたり《狩るものヴォラシュ/Vorosh, the Hunter》出されたりとレイプされて負け。

《隠遁者》は2枚出たんだよな? そう信じなければやってられない。

PLC祭り1回目シールドデッキ
PLC祭り2回目シールドデッキ
PLC祭り2回目ドラフトデッキ

2007年03月03日

昨日のFNM

初手《巣立つ大口獣/Fledgling Mawcor》などの複数の青カードをあえてスルーして《グリフィンの導き/Griffin Guide》、その後迷走しかけるものの何とか白メイン+緑へ。《コカトリス/Cockatrice》と待機以外全部3マナ以下の軽量デッキ。

1戦目、《塩平原の世捨て/Saltfield Recluse》出されて膠着→《コー追われの物あさり/Looter il-Kor》で削られて負け後時間切れ強制負け。2戦目、1本目はクリーチャー超展開で瞬殺したが2・3本目《ぬいぐるみ人形/Stuffy Doll》がどうにもならず負け。3戦目、《補強/Fortify》連打で2本ともあっさり勝ち。

一応《太陽の槍/Sunlance》2枚取れてはいたが、効きにくい相手ばかりだったのが辛かった。《白たてがみのライオン/Whitemane Lion》が欲しかった。

7位で賞品は《サルタリーの僧侶/Soltari Priest》。実は先週は西条で優勝したのだが、その時の賞品も《サルタリーの僧侶》。2週連続でアンコモンゲット!(´・ω・`)

2007年01月29日

やっぱり すごい 《砕土》シェイパー

日曜日は三原のプレリリースパーティーに参加した。今回のトーナメントパックからは、ちゃんとレアが3枚出た。ただし弱い。

相手が緑の時に猫ボス(5/5森渡り・トークン出る)が大暴れして3勝したが、《ボガーダンのヘルカイト/Bogardan Hellkite》《滅び》あとリアニするドラゴンとか入ってる強敵相手に負け、土地ばっかり引いて負けて2敗。無難な戦績に終わった。

シールド戦後、ドラフトが開催されたが、参加せず後ろから観戦。《滅び》が2枚も出てうらやましかった。

2007年01月26日

「次元の混乱」インプレッション(2)

白の次なので青。とはいえ、青に関して言う事はあまり無い。とりあえず、やり手揃い。

《砕土/Harrow》シェイパーこと《Dreamscape Artist / 夢次元の芸術家》、ほぼ2点除去の《Erratic Mutation / うつろう突然変異》、同じく2点除去でしかも2/3が残る《Shaper Parasite / 模る寄生》の3枚がトップコモン。特に《芸術家》のマナ安定&ライブラリ圧縮力は半端ではない。

ただし、青お得意の「航空戦力」は今回は弱め。4マナ2/2飛行(+α)の《Primal Plasma / 原初のプラズマ》は、この環境では心もとない。それよりも、「全部ブロックするな」生物の《Veiling Oddity / 覆われた奇異》によるフィニッシュの方が強力。待機解除が条件なので、計算ずくで削りきるのはなかなか難しいが。

場を離れたときにエンチャント先を除去する《Reality Acid / 現実の酸》は未知数だが、どうなんだろう? 青なら《夢で忍び寄るもの/Dream Stalker》や《トレイリアの歩哨/Tolarian Sentinel》あたりでコンボだが。

2007年01月22日

「次元の混乱」インプレッション(1)

日曜日のプレリリースでカードを触っての感想など。よくある企画な上、素人考えなのでスルー推奨。本当はちゃんと読んでほしいなんて思ってないんだからねっ!

とりあえず白から順番に、コモン中心で。リンク先はWisdom Guild

Aven Riftwatcher / エイヴンの裂け目追い
3マナ2/3飛行、レベル、消失3、ライフゲイン。後述のライオンや《一瞬の瞬き/Momentary Blink》による使いまわしがグロい。ただしタフネス3の飛行が結構多いので、意外に止まりやすい。同型だとこいつ同士でにらみ合ったりするし、全幅の信頼を…とまではいかず。でも強い。

Dawn Charm / 暁の魔除け
《濃霧/Fog》、再生、擬似《金粉の光/Gilded Light》。久々にコモン枠の《濃霧》なので忘れがち。うっかりフルアタックしてしまうと酷い目にあう。攻めにも守りにも使える良いトリックカードだと思う。

Ghost Tactician / 幽霊の戦術家
5マナ2/5、+1/+0スペルシェイパー。何といってもタフネスの高さが売り。トークンをばらまく系デッキなら当然威力も上がる。でも重い。

Saltfield Recluse / 塩平原の世捨て
3マナ1/2、レベル、対象を-2/+0。パワー下げすぎ。回避持ちクリーチャーの抑制はもちろん、コンバットもぐだぐだになってしまう。見かけ以上の強さを感じた。

Shade of Trokair / トロウケアの影
4マナ1/2、1マナ待機、シェイド。ナチュラルにタフネス2なのが良い。しかも1マナ待機なのでテンポも良い(時がある)。これは良いアタッカー。

Whitemane Lion / 白たてがみのライオン
2マナ2/2、瞬速、救出。公開されたときから強い強いと思っていたが、やはり強かった。《時間の孤立/Temporal Isolation》や《哀愁》を避けたりするのがよくある使い方。ストームを稼ぐのにも使えるよ!

他にも、白い《掃射/Strafe》こと《太陽の槍》も当然強い。やり手が揃っているがサイズは小さめなので、PPPでは他の色のサポートに回ってしまうかも? 白メインなら、《影》によるゴリ押しか、空をこじ開けて《エイヴン》アタックで削るしかないぽい。

アンコモンではライオンの上位互換の《石覆い》がとんでもない強さ。おまけの能力で《絞殺の煤/Strangling Soot》を消してやるとお得感ありまくり。

2007年01月21日

「次元の混乱」プレリリースだったのだが

トラブルその1…プレリリースカードが届いていなかった! おのれタカラトミー。

トラブルその2…トーナメントパックからレアが1枚しか出なかった!!! おのれタカラトミー。

それでも何とか3-1-1で6パック獲得。《砕土/Harrow》シェイパーこと《夢次元の芸術家》が強すぎ。こいつの土地調達力&ライブラリ圧縮力は半端じゃないぜ!

2007年01月03日

アカウントごとのレア出現パターンはあるよ!(多分)

NixTix最終日なので気合を入れて…といっても3回だけ…ドラフトに参加。3没→3没→3没という詰めの甘い結果となった。3回目は結構強いデッキだったが、決勝で事故→ダブルマリガンのコンボ。本当に萎える。

一応パックは減らなかったが、目ぼしいレアは《セラの報復者/Serra Avenger》ぐらい。ドラフト・シールド込みで今まで1回も《サルタリーの僧侶/Soltari Priest》を見たことが無いのはどういうわけだ?

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。