【PR】 シャドウムーア ブースター 日本語版 BOX(11,756 円)
【PR】 シャドウムーア ブースター 英語版 BOX(11,756 円)
【PR】 シャドウムーア ファットパック 英語版(3,145 円)

2007年09月02日

日本選手権TOP8デッキファイル詰め合わせ

公式サイトに掲載されているTOP8デッキリストをもとに、MO用デッキファイルの詰め合わせを作ってみた。ご自由にお持ち帰りあれ。

2007年日本選手権TOP8スタンダードデッキ(ZIP)



0-2から4連勝…だが

3倍でしかもOTJ予選とあらば、ボウリングを回避してでも参加するのが自分の使命。というわけで参加したヴァンガード・スタンダードPE。参加者は地味に少なくて61人。

長らく愛用してきた《ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch》系デッキは、《野蛮な地の鬼/Oni of Wild Places》および《ハートウッドの語り部/Heartwood Storyteller》系デッキにあまりにも不利だと前回身に染みて分かったので、お払い箱に。

それに替わる今回のデッキは、やっぱり《鬼》デッキ。《呪われたミリー/Mirri the Cursed》に対して圧倒的不利なのは分かっているが、それ以外のデッキに対する圧倒的なスピード―特に《怒りのもや/Haze of Rage》が想像以上に強力だった―を持っていることと、サイド後に《紅蓮術士の刈り痕/Pyromancer's Swath》+《ぶどう弾/Grapeshot》に変形することで不利をある程度ひっくり返せると考えた上での今回の選択となった。

《語り部》系デッキも選択肢としては残っていたが、細かいデッキ調整をする時間が無かったのと、単純に《アウグスティン四世大判事/Grand Arbiter Augustin IV》を持っていなくて集めるのが嫌だったからという理由からパスした。

1戦目同型を痛恨のミスプレイ(ブロッカーを十分に用意せず、《怒りのもや》で瞬殺)で落とし、2戦目《語り部》で引きが奮わず2連敗。次は相手が現れず不戦勝、その後同型→《ギトゥのジョイラ/Jhoira of the Ghitu》→《語り部》相手にぶん回って3連勝。4-2だがオポが低くて18位(3パック)に終わった(´・ω・`)

結局《ミリー》と当たらなかったので、変形サイドボードは試せず。そして《ミリー》が5〜6人ほどTOP8に残ったみたい。ホント今月末の弱体化が待ち遠しくて仕方が無い。

2007年09月06日

Masters Edition カードリスト

今週の定期サーバダウンにて、Masters Edition(MED)の全カードが判明したので、MOを持ってないプレイヤー向けということで紹介する。

リンクをつけるために全カードをチェックしてみたのだが、良く言えば微妙、素直に言えば「ゴミセット」という印象を受けた。てっきりMOでもレガシーを流行させるための追加セットだと思っていたのだが、デュアルランドが無い時点でその予想が間違っていたことが分かった。

リミテッド的にも何だか微妙。「これは強い」と思ったカードは本当に少なく、テキストを読んで「弱っ!」「微妙〜」と言ってしまった回数は多分100回を超えている。

結局、個人的に期待できるのはアバターだけだ。

続きを読む

《黒き剣のダッコン》の能力

MOクライアントにて、MED祭り参加賞の《黒き剣のダッコン/Dakkon Blackblade》アバターが以下の能力である事が判明した。

《黒き剣のダッコン/Dakkon Blackblade》
初期手札:8(+1)、初期ライフ:23(+3)
あなたは、あなたの手札にある色を持つカードを、そのカードの色のマナ1点を生み出すことの出来る、無作為に選ばれた基本土地のコピーとしてプレイすることが出来る。

簡単に言うと、デュエルマスターズ(DM)である。違うのは、多色カードの場合でも1つの色しか出ない点だけ。

これはあまりにも画期的だ。DM経験者は分かると思うが、呪文を土地としてもプレイできるということは、土地事故からほぼ完全に解放されるということである。

画期的すぎて、現時点ではデッキを思い浮かべることも出来ないが、手札・ライフが標準以上&主力級アバター弱体化という状況を考えれば、次環境の上位に食い込むデッキを生み出す可能性は高そうだ。

MED祭りの修正など

公式BBSにて、MED祭りのリーグ・PEで使用するパックが、MED3パック+第10版2パックに変更されることが発表された。また、クラシック準拠フォーマットによるPEや8人構築の賞品は全てMEDとなるらしい(月曜日以降・Lorwyn発売まで)。

2007年09月11日

Lorwyn プレビューやっと開始

新エキスパンション「Lorwyn」のプレビューが、公式サイト上でやっと開始された。こいつと《ヴェズーヴァの多相の戦士/Vesuvan Shapeshifter》と《生命と枝/Life and Limb》で凄い事になるぜ!! バウンス? 何の事です。

RAV-TSP環境ヴァンガード総括(長文)

神河ブロックがスタンダード落ちしてから、あまり真面目にヴァンガードをプレイする事が無かったように思える。PEの開始時間とボウリングの時間が被ってしまったというのも大きいが、環境があまりにもカオスになってしまって、勝ちにくい上にプレイしていても面白くなかったというのが大きな理由かもしれない。

そんな個人的にはイマイチだった今環境のスタンダード・ヴァンガードを振り返ってみたい。

続きを読む

2007年09月21日

MED祭り戦績

支出:1チケット
収入:《黒き剣のダッコン/Dakkon Blackblade》アバター

まあ、そういう事ですよ。さて次はLorwyn祭り? それとも先にV3? どちらにしても落ちまくる現状を何とかしてくれないと、ログインする気すら起きないわけで。

2007年09月22日

MED祭り「もうちょっとだけ続くんじゃ」

公式BBSによると、MED祭りがあまりにもクラッシュ祭りだったため、MEDチャンピオンシップ後の24日から30日の間の1日2回、MEDを使用したシールド戦PEを引き続き開催するらしい。該当PEの参加賞アバターおよび上位賞のFOIL《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》の配布も行われる。加えて、MEDを使用したブースタードラフトキューも継続される。

・・・先にやるべき事があるんじゃ?

2007年09月29日

消滅したMEDチャンピオンシップ(2倍Ver)の救済措置

公式掲示板にて、先日サーバクラッシュによって消滅したMEDチャンピオンシップ(2倍Ver)に対する救済措置が発表された。

サーバの安定性回復作業にかかる時間や、きたるWorlds予選・Lorwyn祭りなどを考慮し、チャンピオンシップ再開催はおこなわれず、全ての予選通過者に対してMED12パック・《ダッコン》アバター・FOIL《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》が補償として配布される。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。