【PR】 シャドウムーア ブースター 日本語版 BOX(11,756 円)
【PR】 シャドウムーア ブースター 英語版 BOX(11,756 円)
【PR】 シャドウムーア ファットパック 英語版(3,145 円)

2007年06月03日

FUT祭り(1)

4倍PE(参加者68人)に参加。パックはなかなか強力だが、2色で組もうと思うとちょっと微妙な感じ。《ボガーダンのヘルカイト/Bogardan Hellkite》《硫黄破/Sulfurous Blast》を「タッチ」した青緑+赤で突撃。

結果、1〜3回戦はカードパワーの違いで3連勝。しかし4戦目で相手ぶんぶんに屈し、5戦目でダブルマリガン負け。16位狙いで今続行中だが、かなりやる気が失せちまった。

FUT祭り(1)シールドデッキ

ところで、Fのパック価格が早くも下がっており、SELLでFFF14も存在する。ドラフトが始まったら少し高くなるかもしれないが、いずれにしても在庫は早めに掃いたほうがいいと思う。

*追記*
6戦目をミスで落とし、7戦目は普通に勝って4勝3敗。オポでギリギリ16位に滑り込み、6パック獲得。なんてラッキー。

*今日のプレイミス(ラミハル氏風)*
相手は3/3と《闘技場/Arena》、こちら《ボガーダンのヘルカイト》が場にあり、こちらのライフは2。手札に《スクリブのレインジャー/Scryb Ranger》があったのを出さずに相手の攻撃してきた3/3をブロック→ダメージスタックまで進んでしまい、相手の《闘技場》起動をかわすことが出来なかった。ダメスタ前に出していれば《ヘルカイト》は生き残り、その後相手が出してきた5/5を対処できたのに。

相手のキッカー《カヴーの上等王/Kavu Primarch》が殴ってきたのをチャンプ→《占有/Take Possession》でパクった後、さらに返しの相手アタックに対応して《スクリブのレインジャー》で《カヴー》をアンタップするのを忘れてF2し、むざむざ《塩水の精霊/Brine Elemental》による5点+1ターンを許し、結局その差で負け、とか。これだけミスってたら、そりゃ勝てないな。



2007年06月05日

FUT祭り(2) まーたはじまった

2回目(2倍PE)、クリーチャーの足りない白赤タッチ青で事故事故3-2。3回目(2倍PE)、クリーチャーの質だけは一級品だが除去が少ない青緑タッチ黒で、マリガン祭りで2-2ドロップ。何だか噛み合わないなぁ…FUTは個人的に向いていないのかも。

2007年06月06日

FUT祭り(3) ドラフト

予定よりも早めにFUT入りドラフトが始まったので、4回ほどFFFをやってみた。

  1. (青赤)…相手のぶんぶんに除去が間に合わず負け、1没。
  2. (白緑)…軽量クリーチャーによるビート+全体+1/+1警戒によるフィニッシュで、除去無しながらも優勝。
  3. (白緑)…ダブルマリガンで1没。
  4. (青緑+赤)…2戦目の青緑同系対決で、《大量の芽吹き/Sprout Swarm》差負け、2没

まだ色々試している最中。レア取りもやっているので、勝率が微妙なのは仕方ないか。

2007年06月07日

FUT祭り(4)

4倍PEで3勝3敗。デッキは赤緑。負けた試合は大体《大量の芽吹き/Sprout Swarm》による物量差が敗因。《カー峠の災い魔/Scourge of Kher Ridges》はさすがに強かったが。

FFFドラフト。レア土地を掠め取りながらの青緑。1戦目(黒赤)を《アクローマの記念碑/Akroma's Memorial》の圧倒的パワーで勝ち、2戦目(青緑)を物量差で圧倒。最終戦(黒赤緑)は1本目マリガン後事故負け、2本目《アクローマの記念碑》が強すぎて勝ち、そして3本目で痛恨の4マリガンで手札3スタート…だがライフ1まで追い詰める健闘を見せた。結局待機2点と時間カウンター取り除く精霊のコンボとか、パワー4以上で4点の人と+2/-2エンチャントのコンボとか間に合って負けたけど。

本当にMOのシャッフラーは日本人に優しくないなー(被害妄想)

Lorwyn

次の大型エキスパンションの名前は「Lorwyn」…なんだか同じような名前のカードがあったような…と思ったら《二度目の収穫/Rowen》だった!

んで、Lorwynブロック2番目は「Morningtide」だそうな。こっちは《朝明け/Morningtide》と同じだな。まさか日本語名はそのまま「朝明け」じゃないよね?

0786942924 Lorwyn: Lorwyn Cycle, Book I
Scott McGough Cory Herndon
Wizards of the Coast 2007-08-28

by G-Tools

FUT祭り(5) ドラフトだけ好調

2倍PE。《遍歴のカゲロウ獣/Errant Ephemeron》がフォイル込みで2枚のラッキーパックを引くが、2色では枚数が足りずに青緑タッチ何かの方向。《弧状の刃/Arc Blade》《稲妻の斧/Lightning Axe》《流動石の抱擁/Flowstone Embrace》のある赤を最初はタッチしていたが、デッキの動きが微妙に噛み合わず、サイド後は《一瞬の瞬き/Momentary Blink》と占術除去のある白にチェンジした。

1戦目をいつものマリガン事故で落とし、その後2連勝。TOP8をかけた4戦目で、またもや《大量の芽吹き/Sprout Swarm》差負け。僅かな望みをかけた最終戦も引きが奮わず、しかも先にGG言われての負け。死ねよ。

FFFドラフト。《サーシの騎士/Knight of Sursi》と《鞭背ドレイク/Whip-Spine Drake》が4枚ずつという史上最高レベルの白青(相手によって白緑)で、有無を言わさぬ空中ダイブで3連勝。2戦目に1本だけ土地2で止まって落としただけ。

《サーシの騎士》アタックに《ソーンウィールドの射手/Thornweald Archer》が立ちはだかって即死するシーンを今日までに3回は見た。デスタッチはダメージを与えないと働かないので気をつけよう。

2007年06月12日

FUT祭りFINAL

4倍PE。除去だけは豊富な白赤タッチ《稲妻の天使/Lightning Angel》。初戦を相手の《大火口のカヴー/Firemaw Kavu》だけで負け、その後色々小技を連発して何とか3連勝したが、最終戦で相手のバイバックストーム+1/+0によって1ターン差負け。14位だったのでとりあえず6パックだが、既にFの価格は暴落しており、儲けにはならない。

その後FFFを2回。1回目はレアピックしまくりで弱目の白青を構築、そして事故事故で1没…デッキ弱いときはいっつもこれだ。2回目は《サーシの騎士/Knight of Sursi》《コー追われの浸透者/Infiltrator il-Kor》4枚ずつによるビートを《ヴェンセールの拡散/Venser's Diffusion》《エイヴンの占い師/Aven Augur》でバックアップし優勝。

最初は緑最強だと思っていたFFFドラフトだったが、結局白青の待機クリーチャーが強すぎた。除去の豊富な赤も、1ターン目・2ターン目待機とされれば除去が追いつかずにテンポで圧倒的に負け、緑は《ソーンウィールドの射手/Thornweald Archer》でも白青の両待機が止まらず…といった感じだった。黒? 何のことです。

2007年06月17日

MO5周年記念イベント

公式掲示板によると、MO5周年記念としてNixTix(参加費不要)ドラフトが6月22日〜25日に開催されるらしい。他にも様々なフォーマットによる賞品3倍〜4倍PEが、7月31日まで随時開催されるとのこと。更なるイベントの詳細は月曜日に投稿される模様。

2007年06月19日

MO5周年記念イベントおよび3倍・4倍PE詳報

MO5周年を記念して、NixTixドラフトおよび賞品4倍PEが開催される(原文)。

  • NixTixドラフト
    開催期間:6月23日(土)午前1時〜26日(火)午前1時
    期間中、全てのブースタードラフトにおいてチケット不要(パックは自費)
  • 4倍PE
    開始日時:6月24日(日)午前1時
    フォーマット:時のらせんブロック構築
    参加費:4チケット
    賞品は64位まで

また7月は、賞品3倍以上の様々なフォーマットによるPEが開催される(原文)。

  • 6月25日(月)午前2時 クラシック(3倍) ※原文
  • 7月2日(月)午前4時 プリズマティック(3倍)
  • 7月8日(日)午前4時 シングルトン(3倍)
  • 7月9日(月)午前2時 スタンダード(4倍)
  • 7月22日(日)午前0時 ヴァンガード・スタンダード(3倍)
  • 7月23日(月)午前6時 第9版リミテッド(4倍) ※最大384人
  • 7月29日(日)午前1時 時のらせんリミテッド(4倍) ※最大384人
  • 7月30日(月)午前1時 トライバルウォーズ・スタンダード(3倍)

3倍PEは参加費4チケット・32位まで賞品配布、4倍は参加費は通常と同じで64位までの賞品配布となる。詳細は各原文を参照のこと。

2007年06月20日

定期サーバダウンが水曜深夜に変更

公式掲示板によると、今週からMOの定期サーバダウンが水曜の深夜に実施されることになったらしい。「迅速にバグフィックスを行うため」らしいが、結局中の人のやる気次第なので、あまり変わらないんじゃないか?

2007年06月21日

ファストドラフトキュー実装(追記アリ)

昨夜のアップデートより、ファストドラフトキュー(Fast Drafting Queue)が実装された。公式掲示板によると、ファストキュー(FASTと記載されている)では

(1)カードピック時間が「Fast」
(2)1ラウンドの時間が50分(各プレイヤー25分ずつ)
(3)デッキ構築時間が5分

に設定されているらしい。現在はTPF8-4でのみ実施されているが、将来的には他のキューでも実装されるかもしれない。私は4322専門のヘタレなので、実際にどのような感じなのかは他の体験者のコメント待ちということで。23日現在、TPF4322でも行われている。また、上記の赤字の部分が追加・変更された模様。

2007年06月22日

MO5周年イベント・追加

公式掲示板にて、MO5周年記念イベントの期間中PEでTOP8に入ったプレイヤーに対し、フォイルの《Gleemox》が進呈されることが発表された(手動配布)。禁止カードをもらってどうするの? とは思うが。

2007年06月23日

《神話送り》バグ

《神話送り/Spin into Myth》でFateseal(消術)を行い、あるカードをライブラリーの底に置くことを選択しても、なぜか上から2〜3枚目にそのカードが置かれるバグが発生中。実際にこのカードをプレイされ、底に送られたカードをすぐにドローしたことによって気付いた。注意されたし。

ちなみに噂によると、消術1(《催眠スリヴァー/Mesmeric Sliver》)の場合は正常に動くらしい。

2007年06月25日

惨敗な日曜日

日曜日はAKD杯&リミッツ店舗予選に参加した。

まずはスタンダードによるAKD杯。デッキはトロンはトロンでも《ジョダーの報復者/Jodah's Avenger》&《燎原の火/Wildfire》タイプに変更。

1戦目(白青黒)、相手の《造物の学者、ヴェンセール/Venser, Shaper Savant》+《一瞬の瞬き/Momentary Blink》エンジンによって《占有/Take Possession》《併合/Annex》が無効化されて負け。

2戦目はBYEだったので、ぱたさん(多色コン)とガンスリンガー。トリプルマリガンから神の引きを見せるなどして勝ち。

3戦目(ZOO)、相手のダブルマリガン祭りで勝ち。

4戦目(青緑トロン)、1本目は相手の4マリガンによってさすがに勝ち、2・3本目は《三角エイの捕食者/Trygon Predator》に苦しめられ、《ボガーダンのヘルカイト/Bogardan Hellkite》による反撃も《ヴェズーヴァの多相の戦士/Vesuvan Shapeshifter》でことごとく止められて負け。さすが名前にshoが憑いてる人は強いなー。

5戦目(グルール)、1本目は普通にビートされ、2本目は《永劫の年代史家/Aeon Chronicler》+《ロクソドンの戦槌/Loxodon Warhammer》によるライフ差で逃げ切り勝ち、3本目は《巨大ヒヨケムシ/Giant Solifuge》を止めるカードを全く引けずに負け。

実質1勝しかできず、日本選手権予選前としては悪い結果となった。デッキを変えることも考慮しなきゃならんかも。

で、リミッツ予選(ブースタードラフト)。6手目ぐらいに《版図の踏みつけ/Tromp the Domains》が来て緑にまっすぐGOサインが来たかと思ったら、実は上も緑でしたの罠にはまる。《紅蓮炎血/Pyrohemia》や《乱暴+転落/Rough+Tumble》と除去は素晴らしいのだが、3パック目でことごとく3/3以上のクリーチャーを止められたため、クリーチャーの線が細すぎて呪文と噛み合わないデッキが完成。結果も負け-勝ち-負けと予想通りな感じ。

2007年06月26日

NixTixドラフト、終了

MOの誕生日祝いという建前、次の大型エキスパンションが出るまでの場つなぎという本音のこもった(フィクションです)NixTixドラフトが終わった。

昨日までの個人的な戦績は1没→1没→優勝→1没→1没→3没→3没みたいな感じで、パッとしなかった。大した高額レアも取れず、なんだかなー的な気持ちで挑んだ今日の最終ドラフトで奇跡は起こった。1パック目初手《セロン教の隠遁者/Thelonite Hermit》から赤緑路線を目指していたところ、

PLC2手目《滅び/Damnation》
FUT1手目《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
某巨大掲示板群の某スレに同様の書き込みがあるみたいだが、別人ですよー。

この2枚でかなりの損失補てんになりそう。2周目の下家からのパックはアンコモン抜けだったので、勝負に徹するピックをしたようだ。自分は基本レアピッカーなので、当然美味しゅういただきました。加えて《炎異種/Torchling》《雷刃の突撃/Thunderblade Charge》《隷属/Enslave》等のパワーカード満載の黒赤を決勝で破って優勝、うれしさもひとしおである。

ちなみに、「NixTix直前にTPFを12チケで大量に買い集め、期間中に13で売って小銭を獲得するぜ」作戦を実行してみた。確かにNixTixに突入してからTPFは13に値上がりしたが、買い手はほとんどやって来なかった。皆が同じ事を考えてパックを集め、需要が急激になくなったか? 仕方がないので、2セット25チケとか、しまいには元値の12で在庫処分を行った。

2007年06月27日

Arehiril(謎)

そろそろ本格的に練習せにゃならん、というわけで久々にスタンダード8人構築に参戦した。デッキは日曜日のAKD杯と同じジョダーファイアトロン。

1戦目(青コン)。1本目、相手がやや事故気味のところを、土地に《占有/Take Possession》からの《ジョダーの報復者/Jodah's Avenger》通し、殴って《悪魔火/Demonfire》で勝ち。2本目、相手の変異連打を《燎原の火/Wildfire》で流そうとするも《マナ漏出/Mana Leak》され、返しにピクルス決まって負け。3本目、順調なマナ加速から《永劫の年代史家/Aeon Chronicler》X=1、これは《戦慄艦の浅瀬》経由の《ザルファーの魔道士、テフェリー/Teferi, Mage of Zhalfir》でかわされたが、トロン揃えての《撤廃/Repeal》、続いて《砕岩を食うもの/Detritivore》を2連続待機して《テフェリー》が出るのを封じ、《占有》まで引いてマナ基盤をずたずたにして勝ち。

2戦目(ゴブリンストーム)。1本目、2ターン目《巣穴からの総出/Empty the Warrens》から8体出てきて負け。2本目、《ボトルのノーム/Bottle Gnomes》を並べてライフを安全圏に逃し、最初の《巣穴からの総出》は《計略縛り/Trickbind》、続いての《記憶の点火/Ignite Memories》は手札に《悪魔火》《紅蓮地獄/Pyroclasm》しか無かったので痛くなく、《ジョダー》で殴って勝ち。

そして3本目、トリプルマリガン。ここで相手がいきなり「gl & hf」などと言い出した。これだけでかなりのムカツキ。それでも《計略縛り》で最初のストームを封じ、《永劫の年代史家》と《ジョダー》を並べてひょっとして逆転? と思ったところで《ぶどう弾/Grapeshot》からの《記憶の点火》2連打が飛んできて負け。しかも先に「gg」を言われるオマケつき! 手札に2枚目の《年代史家》が無ければひょっとしたら生き残ってたかもしれないのに…。

それにしても、世の「先ggプレイヤー」達は一体どういう精神構造してるのやら。アカウント名を晒してやりたい気持ちで一杯だ。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。