【PR】 シャドウムーア ブースター 日本語版 BOX(11,756 円)
【PR】 シャドウムーア ブースター 英語版 BOX(11,756 円)
【PR】 シャドウムーア ファットパック 英語版(3,145 円)

2007年04月03日

運を操作されたように感じた

多分今回のIPA最後の挑戦となるTSPリミテッドPEに参加。パックは今までの中でおそらく最悪。《版図の踏みつけ/Tromp the Domains》が唯一の頼みの綱。

ところが、1本も落とさずに4連勝し、5戦目も1本目を取って「やっと奇蹟が…?」と思ったところで、サーバダウン。それを境に、明らかに自分の引きが弱くなり、相手の引きが強化されて負け。6戦目もマリガン事故マリガン事故で負け。

まあ、デッキのポテンシャルから考えると妥当な戦績か? 実は黒緑のほうが強かったのかな…体調が悪いから思考が働かないや。

IPA予選シールドデッキ(3)



2007年04月08日

1没病きつい

エロい人がどっか行ったので、ボウリングは行かずにヴァンガードPEに参加。IPA本選と被ったのでぽしゃるかなーと思ったが、割と早めに24人集まって成立。

デッキは久々の《ロクソドンの教主》ポックス。さすがに《呪われたミリー》に不利と分かっていて、《野蛮な地の鬼》を使うわけは無い。同じ《教主》でもトリコロールも考えたが、何だか中途半端な気がした(あと調整がめんどかった)ので、プレイングの慣れている方で参戦した。とりあえず《ドラゴンの嵐/Dragonstorm》をメタ筆頭と考え、《ミリー》《モミール》《テイサ》プロジェクトXをテキトウに対策しておいた。

1戦目《モミール》、2戦目《放蕩魔術師》白ウィニーあたりはお客様なので連勝。次に当たった《放蕩魔術師》イゼットロン(GP京都の完コピ)は天敵で、デッキ相性が悪い上に相手が毎回高速トロン揃いとかで勝てず。4戦目の《モミール》戦を勝って、TOP8入りはすんなりと。

準々決勝、またイゼットロン。やっぱり毎回ぶんぶんな動きをされて負け。完コピこのやろ。1没病だなあ。

まあ今回は完全にメタ読み間違えた。サイドは《ドラゴンの嵐》専用の《隠匿+探求/Hide+Seek》でなくて普通に《酷評/Castigate》にしておけば、トロン戦はもっとやれたと思う。次回はちゃんと入れておきたい。今回はほとんど墓地メタがされていなかったので、《ストロームガルドの災い魔、ハーコン》+《宮廷の軽騎兵/Court Hussar》が面白いように決まった。

分布は、《教主》系5人、《モミール》5人、《テイサ》2人。メタ筆頭と読んだ《ドラゴンの嵐》《ミリー》は共に1人しかいなかった。他《鬼》、《放蕩魔術師》イゼットロン・トリコ・ソーラーフレア・白ウィニー、《アクローマ》ボロス・グルール、《にやにや笑いの悪魔》ラクドス、《エルフのチャンピオン》青赤ランデスボア、《日暮》赤単。

そろそろオープンベータ?

V3ブログの4/5投稿分によると、来週あたりからV3のベータクライアントのダウンロードが自由化されるらしい。Fileplanetというサイトに会員登録していないと駄目(現在も有料会員ならばダウンロード可能)らしい。週明けにちょっと試してみる予定。

2007年04月11日

V3ベータに挑戦、だが

FilePlanetに登録→専用ダウンローダのインストール→ベータクライアントのダウンロード(約1ギガバイト・約3時間)→クライアントのインストール→アップデート、とここまで来た。で、いざ「Launch」というところで

問題が発生したため、MagicOnlineを終了します

だってさ。何度試しても同じ。これってPCが非力だから? いぢめか…。

2007年04月13日

「未来予知」はV2.5で

Magic Online III Launch Blogの4/11投稿分によると、「未来予知 / Future Sight」のMOでのリリースは、V3ではなく現行ヴァージョン(V2.5)で行われるらしい。

当初言われていた「未来予知前にV3を構想」は、あっさり打ち砕かれた…とんだ未来予知だな。まあテスト以前にクライアントの起動すら出来ない自分にとっては、どんどんリリース日を延ばして出来るだけクライアントを軽くしてほしいわけだが。

2007年04月20日

クライアント制限、一時解除

本日の定期サーバダウン明けより、長い間行われていた「クライアント起動制限」が解除され、1台のPCで複数のクライアントの起動が可能になっている。

当初はV3リリースまでの制限ということだったが、V3が予想を上回って駄目駄目ということらしく、今回の措置となった。なお、「未来予知」祭り時にはまた制限がかかると思われる。

2007年04月23日

「未来予知」プレリリース全勝

PT横浜のyamashoさんをはじめとする日本人の活躍に注目することもそこそこに、岡山で開催された「未来予知」プレリリーストーナメント(参加者62人)に参加した。

軽い待機と変異満載の、白青タッチ赤。2戦目に相手が《結核/Phthisis》待機していたのを忘れて変なプレイして負けた以外は1本も落とさず、4連勝後ガチスプリットして24パック獲得で終了。

勝ったゲームの半分は《テフェリーの濠/Teferi's Moat》、残りの半分はタッパー製造機こと《ゴールドメドウの監視人》のお陰。《監視人》強すぎ。大量にタップしておいて《塩水の精霊/Brine Elemental》オープンとかセコすぎ。

目立つ活躍をしたコモンは、ディスカードでアンモーフ&暴勇で5/5の《ギャサンの略奪者》、3/1シャドーの《コー追われの浸透者》。後者は特に待機2とか軽すぎ。各種《魔除け》等の軽い除去の重要性が上がるような気が。

疲れているので、とりあえずこれだけ。気が向けばもっとインプレッションを書いてみたい。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。