【PR】 シャドウムーア ブースター 日本語版 BOX(11,756 円)
【PR】 シャドウムーア ブースター 英語版 BOX(11,756 円)
【PR】 シャドウムーア ファットパック 英語版(3,145 円)

2007年03月03日

昨日のFNM

初手《巣立つ大口獣/Fledgling Mawcor》などの複数の青カードをあえてスルーして《グリフィンの導き/Griffin Guide》、その後迷走しかけるものの何とか白メイン+緑へ。《コカトリス/Cockatrice》と待機以外全部3マナ以下の軽量デッキ。

1戦目、《塩平原の世捨て/Saltfield Recluse》出されて膠着→《コー追われの物あさり/Looter il-Kor》で削られて負け後時間切れ強制負け。2戦目、1本目はクリーチャー超展開で瞬殺したが2・3本目《ぬいぐるみ人形/Stuffy Doll》がどうにもならず負け。3戦目、《補強/Fortify》連打で2本ともあっさり勝ち。

一応《太陽の槍/Sunlance》2枚取れてはいたが、効きにくい相手ばかりだったのが辛かった。《白たてがみのライオン/Whitemane Lion》が欲しかった。

7位で賞品は《サルタリーの僧侶/Soltari Priest》。実は先週は西条で優勝したのだが、その時の賞品も《サルタリーの僧侶》。2週連続でアンコモンゲット!(´・ω・`)



PLC導入後の8構の賞品

祭りそっちのけで、随分久しぶりとなるスタンダード8人トーナメント(略してスタン8構 by やましょー様)に出てみた。デッキは白青赤、いわゆるトリコロール。

1回目、1戦目ドラルヌコンを《併合/Annex》《砕岩を食うもの/Detritivore》で事故らせて勝ち、2戦目白青トロンに何も引けずに負け。PLC1パック獲得。

2回目、1戦目ボロスに順当勝ち、2戦目ドラゴンストームに何もされずに勝ち、最後は投了してもらってスプリット。こちらはTTPPを、先方はTPを(虚偽申告でなければ)貰ったということで、Pを渡して2チケットを貰ってほぼ均等に。

というわけで、とりあえず賞品分配数が判明。最後「Draw + Split」したら多分ふたりとも2パックずつしか貰えないと思われるので注意されたし。

2007年03月05日

PLC祭り(1)怒られまくり

昼過ぎから「祭り」初参加となる2倍PEに参加。突破力が全然無いパックな上、色選択を間違えてやましょー様に怒られた。良い所無く0-2ドロップ。

夜に参加した2回目。今度はうって変わって全色強く、エロい人の助言で均等3色で組んだら、やっぱりやましょー様に無茶だと怒られた。それでも3戦目にぶん回られて負けた以外は安定して勝ち進み、5戦目はオポが際どかったもののID→8位で滑り込み。

決勝ドラフトは、《セロン教の隠遁者/Thelonite Hermit》をピックしていたと思ったら、時間切れで変なカードを取らされてしょんぼり。それでも何とか強い部類のドラフトが出来たが、1戦目に《セロン教の隠遁者》出されたり《狩るものヴォラシュ/Vorosh, the Hunter》出されたりとレイプされて負け。

《隠遁者》は2枚出たんだよな? そう信じなければやってられない。

PLC祭り1回目シールドデッキ
PLC祭り2回目シールドデッキ
PLC祭り2回目ドラフトデッキ

2007年03月06日

PLC祭り(2)権利とった!

夜8時からの4倍PEに参戦。ちょうど64人で6回戦。

デッキは《嵐の束縛/Stormbind》《大火口のカヴー/Firemaw Kavu》を擁する、2〜3マナに主力が集中した軽量ビートデッキ。4戦目にゴッドデッキを踏んでしまって敗れた以外は、テンポの違いを見せつけて5勝1敗で予選通過。

ドラフトは白青で、あと流れてくる緑のカードをカットしつつな感じ。1戦目のシミチン氏と協議の結果スプリットすることにし、氏が華麗に優勝したので大量26パック獲得(氏に多めの30パックを贈呈)。

チャンピオンシップ権利獲得は随分久しぶり…と思ったら、コールドスナップ祭りの時以来らしい。

PLC祭り3回目シールドデッキ
PLC祭り3回目ドラフトデッキ

2007年03月12日

PLC祭り(3)2つ目の権利獲得、なのだが

8時からの4倍PEに参加(参加者63人)。神カードが不在の正直絶望な感じなパックを貰ったが、なぜか4連勝してTOP8入り。《トレイリアの歩哨/Tolarian Sentinel》で《棘鞭使い/Stingscourger》《シタヌールの樹木読み/Citanul Woodreaders》《模る寄生/Shaper Parasite》を使いまわすのがグロかった。

決勝ドラフトは、初手《要塞の監視者/Stronghold Overseer》をはじめ、《無慈悲なる者ケアヴェク/Kaervek the Merciless》《ワーム呼び/Wurmcalling》《エフラヴァのジェディット・オジャネン/Jedit Ojanen of Efrava》といった怪物軍団を擁する黒緑タッチ赤で、重いカードだけでなく軽量スペルも一応揃っており、なかなかの感じ。ところが1戦目、1本目に《巨大埃バチ/Giant Dustwasp》がアタックしたのを《魂の収集家/Soul Collector》で受け止められて負け、2本目は《精神攪乱/Mindstab》でファッティを落とされ、その後土地引きモードに入らされて負け。これは不本意。

PLC祭り4回目シールドデッキ
PLC祭り4回目ドラフトデッキ

追記
PLCチャンピオンシップに関するWikiの記事で、開始日時が1時間遅い記述になっていたので修正。2倍Verが0時から、4倍Verが5時からの開始ということで。各イベントの終了日時も、ひょっとしたら1時間繰り上がるのかも? あと、PPPドラフトは火曜日の午後2時まで。

2007年03月13日

PLC祭りまとめ

火曜日の昼にPPPドラフトが終わり、PEも(当然リーグも)もう参戦しないので、さっきやったPPPドラフトをもってPLC祭りは一応終了(チャンピオンシップが残っている)。

  • 2倍PE…0-2ドロップ
  • 2倍PE…TOP8(4パック+アバター)
  • 4倍PE…TOP8(おすそ分け込みで28パック+アバター+チャンピオンシップ)
  • PPPドラフト…優勝(赤緑)
  • 4倍PE…TOP8(12パック+アバター+チャンピオンシップ)
  • PPPドラフト…決勝スプリット(黒緑タッチ白)

今回はなんだかんだあってあまり参加できず(特にドラフト)。よく見るとPEは全部1没なんだけど、まあプラスには違いない。

やましょー様曰く「PPPドラフトは白黒レベルスリヴァー最強」。再生スリヴァーと先制攻撃スリヴァーでがっちり守りを固め、《荒廃語り/Blightspeaker》で削って勝つ、みたいな。祭り初期の頃は余裕でこのアーキタイプを狙えていたみたいだが、自分でやった時はこの戦略が知れ渡っていたらしく、パーツをあまり取れなかった。

2007年03月14日

今週末はいよいよ

PLCチャンピオンシップ! というボケは置いといて、GP京都。残念ながら私は行けないので、皆さん頑張ってくだされ。

んで金曜日だが、どうせぱたさんも最強やましょーさんもいないので、西条まで遊びに行こうかと思っている今日この頃。

青黒コントロールの一人舞台か?

祭りも終わったことだし、構築のモチベーションを上げるためにたまには記事捕捉みたいな事でもやってみる。でもテーマはTBC。

starbastermtg

いつもブロック構築の記事を参考にさせていただいている。《滅び/Damnation》が加わったことで、クリーチャーコントロールが万全になった青黒コントロール。最強のやましょーさんも同じ事を言っていたが、今でも強いのにより隙が無くなったみたい。

この手のデッキに対抗するには、昔からクロックパーミと相場が決まっている…ような気がする。でも、まともな低マナカウンター呪文が殆ど無く、《深き刻の忍者/Ninja of the Deep Hours》のように強力なクロックも不在。《激浪のこそ泥/Riptide Pilferer》が殴り続けられればそこそこ強そうではあるが、《砂漠/Desert》で死んでしまうのが情けない。

PLC前のTBCでは、最終的に青赤タッチ白黒コントロールが最強だったようだが、今回はどうなってしまうのか。

2007年03月15日

GP京都直前

…だからというわけでもないが、たまたまスタンダードPEをやっていたのでデッキ分布を調査してみた。参加者33人。

8 《ドラゴンの嵐/Dragonstorm》
3 緑単ビート
3 青黒コントロール(notトロン)
3 手札破壊(白黒・黒単)
2 ウルザトロン(白青黒・青黒)
2 白青緑ビート
2 発掘リアニ(青黒緑・黒緑)
2 トリコロール
8 その他(不明1含む)

《ドラゴンの嵐》多すぎ。あとボロスが一人もいないのが驚き。《滅び/Damnation》を持っている人は青黒系、そうでない人は既存のカードで組める《ドラゴンの嵐》、みたいな感じ?

2007年03月17日

第9回IPA祭り

公式サイトにて、早くも第9回となるIPA祭りの告知が行われている。今回はTSP祭り・PLC祭りと同じように、予選PEは約2週間にわたり前編・後編と開催され、本選PEも2つ開催される。

  • 予選PE・前編 3月20日〜28日
  • 本選PE・前編 4月8日(日)午前1時
  • 予選PE・後編 3月29日〜4月5日
  • 本選PE・後編 4月9日(月)午前1時

各予選PEのTOP8に対し、本選PEの参加権が与えられる。また、予選PEの参加賞としてプロモーションカード《Hazezon Tamar》が、TOP8賞としてフォイル《Hazezon Tamar》が与えられる。

その他詳細および本選PEの賞品配布数などに関しては原文を参照のこと。

参考リンク
Invasion Block (IPA) Sealed Deck Tournament IX(原文)
Magic Online Wiki for Japanese - IPA祭り

2007年03月18日

何ということでしょう

とりあえず我らがやましょー様は無事初日突破したみたいで。余裕のフューチャー級になっちゃいましたね、さすがです。

そんなどうでもいい事よりも、今回のIPA祭りの予選PEスケジュールを眺めてみたわけですよ。すると、

ヴァンガードの予選PEが無い!

個人的に終了。というのはまあ軽い本気として、予選PEがどのフォーマットで開催されるのかをまとめてみた。構築ではスタンダード・エクステンデッド・TBC、リミテッドはTSPと第9版、以上5つだけ。とうとうマイナーフォーマット駆逐の動きが…。

PLCチャンピオンシップ前編

高額レアも強力カードも無く、1戦目を運良く勝利した後順調に事故逆事故事故逆事故で2連敗したので、やる気が完全に失せてドロップ。

今日これだけツキが無ければ、明日反動でゴッドパックを引くに違いない。

2007年03月19日

やってくれやがった

2回目のPLCチャンピオンシップ、果たしてリベンジなるか?

相変わらずマネーレアは無しだが、《分解/Disintegrate》《紅蓮炎血/Pyrohemia》《エフラヴァのジェディット・オジャネン/Jedit Ojanen of Efrava》といった強力カードがあり、昨日よりも期待できそうな感じ。赤緑だけだとやや心もとないので、2枚の《模る寄生/Shaper Parasite》と《遍歴のカゲロウ獣/Errant Ephemeron》をタッチしてみた。

2戦目に激しく事故った以外は普通に勝ち、3勝1敗で5回戦を待っている時に…鯖落ち。その後約30分後復帰…そしてPE消滅!

久々にPE消滅の憂き目に遭った。無料PEではあるが、補償および再開催の要望メールを出してみた。何より約5時間を無駄にさせられたのだから、最低限の補償はあってしかるべきだろう。

PLCチャンピオンシップ・シールドデッキ
おまけ:GP Kyoto 2007-03-18.zip(GP京都TOP8デッキ詰め合わせ)

2007年03月20日

PLCチャンピオンシップ(4倍・後編)の再開催

先日サーバクラッシュによって消滅したPLCチャンピオンシップ(4倍Ver.・後編)だが、3月26日(日)午前5時から再開催されることに決まった。とりあえず皆が納得のいく形での収拾ということになるだろう。

ところで、昨日あたりからかなり深刻なサーバトラブルが発生し、これによってIPA予選PEのうち2つがキャンセルされてしまったようだ。現在原因究明中とのことだが、こんな事でIPA祭りはもちろん、バージョン3のリリースは無事に行えるのか?

参考リンク
PLC 4x Champs #2, rescheduled - Wizards Community
Stability Issues - Monday 3-19-2007 - Wizards Community

2007年03月21日

素直に青黒使えってことか…

IPA予選でもあるTBCPEに出てみた。実はTBCのトーナメントに出るのは初めてかも。

先日行われたPEで赤単が活躍していたので、それを食える緑単で参戦。青黒コン最強なのは分かるが、《滅び/Damnation》も《根絶/Extirpate》も持ってないので。

そしたら、初戦にいきなり《始祖ドラゴンの末裔/Scion of the Ur-Dragon》→《合同勝利/Coalition Victory》デッキと遭遇してしまった。とんでもない地雷に負け。次戦の赤単は普通に美味しくいただいたが、3戦目の黒赤コンに除去&手札破壊連打されて負け。心が折れたのでドロップ。

一応デッキ掲載しておく。枚数はかなりいい加減。《突風線/Squall Line》はそこそこ強いと思う。《デッドウッドのツリーフォーク/Deadwood Treefolk》はこの環境なら3枚ぐらいほしいかも?

続きを読む

V3の胎動

公式サイトにて、MO Ver.3(以下V3)の特設ページ(みたいなもの)が公開されている。V3のいくつかのスナップショット、およびランディ・ビューラーのコメントが掲載されている。

ざっと読んでみた。特筆すべき点は…

  • WotCはデジタルゲーム部門を新設し、MO等のデジタルゲームに本腰を入れている
  • V3のコーディングはゼロから全く新しく書き直されている
  • 今までのコーディングでは、ゲームサーバが1枚岩の構造だった(だからサーバ強化の意味が無かった?)が、新コードによってサーバを単に増設するだけで多くのユーザを支えることが出来る
  • V3リリースの目標は「未来予知」のリリース前
  • V3によってMOは飛躍的に良くなる

多分こんな感じ。つまりLeaping Lizard(V2までのプログラム委託先? 現在は消滅)はとんでもなく使えなかった、てことを言いたいらしい?

2007年03月26日

久々にTOP8逃した

土曜日は体調が微妙だったので、ボウリングを回避して久々にヴァンガードPEに参戦した。デッキはいつも通り《野蛮な地の鬼》デッキ。前環境では苦手だった《モミール》に対し、《棘鞭使い/Stingscourger》を得たことによって相性差を縮めることが出来る…と思ったが、《モミール》は一人もいなかったというオチ。

最多勢力は《放蕩魔術師》ドラゴンストームで、24人中6人。次いで今回の新アバター《呪われたミリー》を用いた緑系ビートデッキが4人。《鬼》は自分を含めて2人しかいなかった。

で戦績は、1戦目に《ミリー》相手に負け、2戦目ドラゴンストームに3キル→3キルして勝ち、3戦目またもドラゴンストームに3キル→4キルされて負け、ドロップ。

何と言っても1戦目の負けが痛い。確かに究極のクリーチャーメタアバターなので、デッキ相性自体悪いが、せめて4マナまで到達していれば《ケルドの匪賊/Keldon Marauders》《避難の古木/Sheltering Ancient》をまとめて展開して押し切れていただけに残念。

《ミリー》デッキは、既存のクリーチャーデッキに対して圧倒的なパフォーマンスを誇る一方、メタの一角として無視できないドラゴンストームに全く勝てないので、個人的には全く使用する気がおきない。使用するなら、全力でドラゴンストームをメタれ!

もうひとつの新アバター《妖術の達人ブレイズ》を用いたデッキも3人いて、実は3番手の勢力だった。《怒りの天使アクローマ/Akroma, Angel of Wrath》《絶望の天使/Angel of Despair》《ボガーダンのヘルカイト/Bogardan Hellkite》といった重量級を、《印鑑》経由ならば3ターン目に投下できるのは確かに強い。《ゴロゾス/Grozoth》→《魅力的な執政官/Blazing Archon》サーチのギミックも搭載しているようだ。ウィニーデッキならば相手もクリーチャーを出せるというデメリットは小さくなるが、同系またはその他コントロールデッキ相手だとあまり美味しくないような。

リミッツ店舗予選 in 笠岡

日曜日は割と体調が戻っていたので、笠岡のリミッツ店舗予選に参戦した。初笠岡参戦ですよ…人見知りなのでちょっとどきどき。

参加者は12人で、二つに分かれて6ドラすることになった。抽選の結果、上家にぱたさん、さらにその上にやましょー神という配置。なんだかいつもの三原ドラフトと変わらないんですが?

初手《影魔道士の浸透者/Shadowmage Infiltrator》から青黒を目指そうと思ったが、黒があまり流れてこない。結局もう一色は緑に、あとやたらだだ流れていた《一瞬の瞬き/Momentary Blink》と《嵐前線の乗り手/Stormfront Riders》をタッチという形になった。

結果、勝ち勝ち負けで2位。《滅び/Damnation》《深海のクラーケン/Deep-Sea Kraken》擁するやましょー神には手も足も出なかった。とりあえず地区予選の権利は繰り下がってきたのでよかった。

続きを読む

2007年03月28日

事故強ぇぇ

IPA予選のTSPリミテッドPEに出てみた。128人以下だったので7回戦。

パックははっきり言って微妙すぎ。メインは一応赤緑タッチ白で組んだが、サイド後に青緑タッチ赤に変わってみたりした。

で、3回戦まで神を出されながらも何故か連勝し、「パック微妙なほど勝てる理論」が炸裂するかと思いきや、4回戦で事故→相手ぶんぶんで5分で負け。次は勝って最後に望みをつなげたものの、やっぱり事故→相手ぶんぶんで負け。萎えた。

お持ち帰りも《宝石鉱山/Gemstone Mine》ぐらいで、何ともはや。そういえば試しに使ってみた《野生のつがい/Wild Pair》はそこそこ強かった。《モグの戦争司令官/Mogg War Marshal》から《幻影のワーム/Phantom Wurm》が出るのがセコかった。

IPA予選PEシールドデッキ

2007年03月29日

ジャンケン?

MOのメタゲームを紹介するFrank Karstenの週一コラムによると、現在のTBC環境は《滅び/Damnation》デッキ、《幽体の魔力/Spectral Force》デッキ、《カルシダーム/Calciderm》デッキの3種類しかないらしい。最初のPEこそ赤単が優勝したものの、デッキが練られるにつれて結局後退していったようだ。

個人的には同記事内で紹介されている赤緑「フォース・ゲドン」が好みだ。白単に展開で負けると厳しいが、コントロールには強いような気がする。まあ実際に回したことが無いので、まずはそれから。

ちなみにスタンダードの方は、GP京都を制したイゼットロンの数が急激に増加したらしい。分かりやすいな。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。