【PR】 シャドウムーア ブースター 日本語版 BOX(11,756 円)
【PR】 シャドウムーア ブースター 英語版 BOX(11,756 円)
【PR】 シャドウムーア ファットパック 英語版(3,145 円)

2007年02月04日

最初からクライマックス(謎)

土曜日の朝起きてからヴァンガード4倍PEがある事を知った。昼〜夜は西条のACPで遊び、急いで帰宅後デッキを調整して参戦。

《野蛮な地の鬼》をメタるのにも疲れたので、敢えてメタられる側に回ってみた。ただし同型対策としてメインから《炎の印章/Seal of Fire》を投入してみた。ちなみにやましょーさんも一緒のデッキで参戦。

疲れたので簡潔に言うと、4回戦に《モミール》相手に弱い引きで負けた以外は勝ち、最終戦はオポがギリギリだったが運良くTOP8に滑り込み。決勝トーナメントでは連続で《モミール》に当たり、準決勝でトップデッキ連打されて負け。もともとデッキ相性が悪いとはいえ、トップから次々に《戦慄の復活/Dread Return》を引かれると萎える。

まあ、デッキ自体の強さは一級品。3ターン・キルを2回ほど、4ターン・キルは日常茶飯事とかどんな光速のランニングバックだ。ちなみにやましょーさんは最終戦で寝落ちしてた。

参加者93人中、《モミール》が最多の22人、僅差の2番手で《鬼》が21人、《放蕩魔術師》ドラゴンストーム10人、《テイサ》プロジェクトXが7人といった分布で、相変わらず予想通り。《鬼》より《モミール》の方がメタりやすいので、自分で使おうとは全く思わないな。



2007年02月05日

《一瞬の瞬き》とトークン

2007年2月の総合ルール改正により、トークン・クリーチャーが場を離れた場合、何があろうとも場に戻ってくる事は無くなった。

216.4. 場を離れたトークンは、場に戻らない。そのようなトークンが場に戻ろうとする場合、その代わりに現在の領域にありつづける。次に状況起因効果をチェックする時点で、消滅する。

よって、以前ちらっと話題になったMOでの《一瞬の瞬き/Momentary Blink》バグも、今後はバグとみなされない。

この変更はかなり重要だと思うが、この件に関して大きなアナウンスが行われていない…気がする。単に自分の情報収集力が低いだけか?

2007年02月12日

PTジュネーブ残念

やましょーさんが行かなかったりOS再インストール中だったりで、中間を全く知る事無く決勝戦のウェブキャストだけ観戦した。 ラストターンで土地を引けていれば《幽体の魔力/Spectral Force》に《結核/Phthisis》を打って勝ち… というところで引けなかった局面は、残念だったが見ていて興奮した。しかしデッキパワーにあれだけの差がありながら、 フルセットまで持ち込んだのは見事。

2007年02月13日

GP京都参加者に朗報?

JR、 「青春18きっぷ」を特別価格8000円で発売、民営化20周年記念 - ライフスタイル - nikkei BPnet

2007年春の「青春18きっぷ」が3000円安く販売される、とのこと。ちょうどグランプリ京都の開催期間と重なるので、 遠征組にとっては朗報ではないか? まあ私は今のところ行けない可能性の方が高いけど。

2007年02月14日

《ヴェズーヴァの多相の戦士》+《ボガーダンのヘルカイト》

月曜日のGPTにて何人かに話した「《ヴェズーヴァの多相の戦士/Vesuvan Shapeshifter》が表になったら、 《ボガーダンのヘルカイト/Bogardan Hellkite》の5点振り分けも発生するんだぜ!」の件。

私自身がそれを目撃したのではなく、エロい人から聞いた話だったのだが、さっき実際にMOのソリティアで試したところ、 そんな事は起きなかった。つまり、正常な動作だった。他の「カムズイントゥプレイ」カードも試したが、大丈夫だった。 単にエロい人の勘違いなのか、ソリティアなら大丈夫で対人戦だと発生するのかは定かではない。

まあ相変わらず《トリスケラバス/Triskelavus》や 《アイケイシアの投槍兵/Icatian Javelineers》の場合はカウンター乗るんだけどな!!!

2007年02月22日

「次元の混乱」祭りで配布されるアバターのヴァンガード能力+α

今週のFrank Karstenの記事にて、来週から開始される「次元の混乱」 祭りの概要および配布されるアバターのヴァンガード能力が公開されている。

参加賞:《妖術の達人ブレイズ/Braids, Conjurer Adept》
手札7、ライフ23
{2}:各プレイヤーは、手札にある土地(カード)をタップ状態で場に出してもよい。
{3}:各プレイヤーは、手札にあるクリーチャーでないアーティファクト(カード)を場に出してもよい。
{4}:各プレイヤーは、手札にあるクリーチャー(カード)を場に出してもよい。この能力は、 あなたがソーサリーをプレイ出来る時にしかプレイできない。

「各」という単語さえ無ければ、最強の地位に立ったかもしれない…。

上位賞:《呪われたミリー/Mirri the Cursed》
手札8、ライフ19
あなたがコントロールするクリーチャーは、「{T}:これ以外のクリーチャー1体を対象とする。 それはターン終了時まで-1/-1の修正を受ける。このクリーチャーの上に+1/+1カウンターを1個乗せる」を得る。

能力自体はかなり強い。1マナクリーチャーや《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》を大量に詰め込めば、ひょっとしたら《鬼》 デッキにも勝てるかも…? まあ5/5トランプルとか8/8は止まらないわけだが。結局、修正が入らない限り《鬼》 デッキの天下は続きそうな予感である。

ちなみに「次元の混乱」祭りの概要を以下にちらっと箇条書き。詳細は後ほど、ここおよびWikiに掲載予定。

  • 発売日時は2月27日(火)午前2時、同時に全構築フォーマットで使用可能になる
  • 「次元の混乱」入りドラフトは3月6日(月)午前3時開始予定
  • 「次元の混乱」祭りは3月2日(金)から3月13日(火)まで
  • 祭りリーグ
  • 2倍PE…30分ごとに開催、優勝者にチャンピオンシップ(2倍)権利
  • 4倍PE…3時間ごとに開催、TOP8にチャンピオンシップ(4倍)権利

2007年02月24日

「次元の混乱」祭り

詳細>Magic Online Wiki for Japanese

公式サイトにて、「次元の混乱」のMOでの発売日および「祭り」に関する詳細が発表された。以下、 イベント開催日時等を抜粋しておく。

  • 発売日時:2月27日(火)午前2時
  • 「祭り」リーグ:3月2日(金)午前2時〜3月13日(火)午後2時
  • ドラフト:3月6日(火)午前3時開始
  • 2倍PE:3月2日(金)午前7時〜3月13日(火)午後2時30分
  • 4倍PE:3月2日(金)午前8時〜3月13日(火)午後2時
  • PEは9日(金)の定期サーバダウンをはさんで前編・後編に分かれる

各イベントの賞品配布数・チャンピオンシップ参加条件・チャンピオンシップ開催日時およびその他詳細については、原文およびMagic Online Wikiを参照のこと。また、「祭り」開始時から 「1人1アカウント制限」が行われる事にも注意されたし。

あと、MOクライアントで確認したところ、 《妖術の達人ブレイズ/Braids, Conjurer Adept》 アバターの3番目の能力の起動コストが4マナになったみたいなので、修正しておいた。

2007年02月26日

《野蛮な地の鬼》アバターでフリーズ

やましょー・さくらいさんに聞いたところによると、《野蛮な地の鬼/Oni of Wild Places》アバターでバグがあるらしい。曰く、

「アップキープの能力誘発時、そのままフリーズすることがある。そうなった場合、時間切れで負ける」

これは素晴らしい《鬼》対策ですね。で、これを悪用するとですね、「このゲームに負けるとTOP8圏外か・・・」→「負けそうだ・・・」→アップキープの能力誘発後PCを放置してわざと時間切れ負け→「フリーズした(ふり)せいで負けた!補償しろ!」という最強技が使えるわけですよ(でも絶対マネしないでね)

ヴァンガードPEは「次元の混乱」祭り明けまでは無いので、その間に何とかバグフィクスしてほしい。

2007年02月27日

「次元の混乱」(PLC)発売、だが(追記あり)

早朝にシングルをチェックして、ちょっと高めだったが目当てのアレとアレを購入。

それはともかく、さくらいさんの話では「8人構築の賞品がTSPばっかり」とのこと。ルームのチャットでも同様の発言が。今日の深夜にまたサーバダウンを入れるらしいので、その後はPLCが賞品に加わる・・・かも?

追記:
公式掲示板によると、8人構築の賞品にPLCが加わるのは、木曜深夜のサーバダウン明け以降らしい。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。