【PR】 シャドウムーア ブースター 日本語版 BOX(11,756 円)
【PR】 シャドウムーア ブースター 英語版 BOX(11,756 円)
【PR】 シャドウムーア ファットパック 英語版(3,145 円)

2006年12月02日

yamashoのいないFNM

別にどこぞのエロゲタイトルではない。5ドラ。初手《聖なるメサ/Sacred Mesa》から白をせき止めていたら、《ダークウッドのベイロス/Durkwood Baloth》が1週してきたので白緑へ。1戦目を《ベイロス》パワーで制したものの、2戦目で土地祭りで落として3位。やっぱり緑は弱いわー。

ちなみにyamashoも3日目で2連敗スタートでTOP8の目は潰えた模様。まあ国別代表では相変わらず首位キープしているので、1位賞金1万ドルに期待してますよ(謎)



2006年12月03日

相手のシャッフラー最強

ヴァンガード・スタンダード2倍PEに参戦。一応明日の4倍PEに出るかもしれないので、デッキは秘密という事で。とりあえず《ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch》アバターである。

デッキ自体はかなり強いのだが、相手がぶん回る&引きがぬるいとかで2敗してしまい脱落。それ以外は本当普通に強い勝ち方をするデッキなのだが…。

んで、マナソースをタップアウトしている時、相手のターンに優先権が回ってこないバグが相変わらず残っていてげんなり。これのせいで負けそうな場面もあった。4回目となるクレームメールを送っておいたが、直してくれる気はあるのだろうか。サーバも相変わらず重いし。

2006年12月04日

Worlds 決着

ラミハルことマハラーもとい三原氏が、準決勝の絶望的なマッチアップを蝶トップデッキで勝ちあがり、結局そのまま優勝おめでとう! ライフ300デッキを駆るナッシフを倒したあの戦いは、見ていて熱かった。

日本チームは、残念ながら準優勝。《巨大カキ/Giant Oyster》強え。《無慈悲なる者ケアヴェク/Kaervek the Merciless》強え。でもあの全軍アタックはさすがに無いかなー? まあ連戦で疲れていてミスが出てしまったのだと思う。

何はともあれ、皆お疲れ様。yamashoさんには分け前を期待してますよー。

敵は本能寺にあり?

Worldsでの日本人の活躍に触発されたかどうかはさておき、ヴァンガード4倍PEに参戦。デッキは後で紹介する予定。

1戦目:《アクローマ》ZOO
1本目、《サバンナ・ライオン/Savannah Lions》軍団を《神の怒り/Wrath of God》し、《安らぎ/Peace of Mind》でライフを守りつつ勝ち。2本目、ライフ4まで追い詰められたが、そこから何も引かれずに《ストロームガルドの災い魔、ハーコン/Haakon, Stromgald Scourge》《宮廷の軽騎兵/Court Hussar》で戦線強化して勝ち。

2戦目:《モミール》白緑黒トロン
1本目、せっかくの《壌土からの生命/Life from the Loam》を発掘しない相手を尻目に、《アダーカーの戦乙女/Adarkar Valkyrie》+《絶望の天使/Angel of Despair》で勝ち。2本目、《虚空の力線/Leyline of the Void》で墓地封印後、相手の5起動→《霧女/Kiri-Onna》自爆とかもありつつ圧勝。

3戦目:《放蕩魔術師》ドラゴンストーム
1本目、安定4キルされて負け。2本目、《精神を刻むもの/Mindslicer》を《無知の喜び/Ignorant Bliss》でかわされて負け。そういえばそんなカードあったな…普通に殴っていれば勝ってたかも。

4戦目:《セラの天使》青赤緑トロン
1本目、カウンターを消費させつつ《精神を刻むもの》を通し、墓地に《ハーコン》《軽騎兵》を落として勝ち。2本目、《悪夢の虚空/Nightmare Void》で手札を攻めるがトロンランドを立て続けにトップされ、《ボガーダンのヘルカイト/Bogardan Hellkite》《併合/Annex》《押収/Confiscate》と連打されて苦境に立つも、何とか凌いで勝ち。

5戦目:《アクローマ》ボロス
1本目、《神の怒り》を引けずに負け。2本目、《壁》《ハーコン》《神の怒り》でじっくり粘り、ライフが危険域に達する直前に《軽騎兵》を引いて勝ち。3本目、クリーチャーを出されず代わりに土地破壊されるが、《ハーコン》《軽騎兵》が余裕で間に合って勝利。

6戦目:《放蕩魔術師》青黒赤リアニメイト
1本目、4マリガンgg。2本目、頑張って《円盤の大魔術師/Magus of the Disk》で粘ったが、5連続でリアニスペル打たれて《潮吹きの暴君/Tidespout Tyrant》を処理しきれず。相手のシャッフラー強すぎ。

7戦目:《時エイトグ》
ID申し込まれたが、16位ラインギリギリだったし、何よりデッキ的に負けないし拒否ってガチ。と思ったら《酷評/Castigate》連打されてちょっとピンチになったが、《ハーコン》と《アダーカーの戦乙女》でビートを敢行、苦し紛れに《鳩散らし/Dovescape》を出されたが、トークン相打ち→再生で特に困らず。相手コンシードマッチにより瞬殺。

といった感じで、相変わらず肝心な所で勝てずに5勝2敗、多分9パック獲得。3戦目のミスが無ければひょっとして…とは思うが、やっぱり最大の敵はシャッフラーだよな!

11月度人気記事・検索ワード

ヒット回数:23,344
ユニーク人数:14,198

  1. 初のTBC PEインプレッション
  2. 「時のらせん」祭り
  3. コールドスナップ祭り
  4. MO的マグネットコーティング(謎)
  5. 北米州選手権TOP8デッキ分布

祭り情報を「放課後」パワーが上回った! あんまり大した記事でなくて申し訳なくもある。

続きを読む

《教主》Pox(仮)

昨日のヴァンガード4倍PEで使用したデッキを紹介。改良案求む。ついでにデッキ名も求む。

続きを読む

2006年12月14日

嘘半分

「更新しなさいゴルァ」ってキャプに怒られた。ぶっちゃけネタが無いから仕方ない。

先週金曜日のFNMで時間切れライフサドンデスで負け負けしたり、日曜日のPTQで微妙パック貰って負け負け、その後のドラフトで何とか溜飲を下げたり、MO4322で勝ったり負けたり、といった以外は特に何も。

構築の方もやりたいんだけど、yamashoさんにカードを奪われててボロスを組めないっていうレベルじゃねーぞ! みたいな感じ。

2006年12月16日

ノンフィクション

←最近やましょーさんにこんな感じで怒られまくり。本当に殺される日もそう遠くないだろう。

そんなこんなで、昨日のFNMもヘタクソなプレイングで1戦目やましょーさんに負け、2戦目BYE、3戦目は《ザルファーの魔道士、テフェリー/Teferi, Mage of Zhalfir》が強くて勝ち、5人中3位。


2006年12月17日

今年のクリスマスは…?

ThanksgivingのNix Tixドラフトが終わってしばらく経ち、パックの値段が徐々に下がってきた。今日チェックすると、SELLでTTT12が標準のようだ。だがしかし。

世間はクリスマスと元日という二大イベント(?)を間近に控えており、MOでもそれに合わせたイベントが去年開催されたのだ。今年も同様にNix Tixドラフトが行われる可能性が高く、そうなればパックの価格はまたTTT15あたりまで上がるだろう。いくら今パックが売れないからといって、安売り王になってしまうのは早計だと思う。余程チケットに困っているのでなければ、今は売り控えるのが吉かと。

ただし、WotCが「今年は開催しないよ」と言う可能性も当然あるわけで。「ただドラに備えて今のうちにパックを買い占めるぜ!」などという先物買い的行為を推奨するつもりは全く無いし、責任を取ることも無いので悪しからず。

2006年12月20日

MOクライアント起動制限、再び

公式掲示板によると、21日深夜の定期サーバダウンより「クライアント起動制限」が適用されるらしい。つまり、「時のらせん」祭りの時のように、1台のPCで複数のMOクライアントを起動できなくなる。

理由は「ホリデーイベント期間中のサーバ過負荷を避けるため」。祭り時の措置は効果があった、という言い分だが、確かPE消滅しまくって権利を後付けで与えたりしてなかったっけ。

加えて、マルチアカウントによるログインを監視し、発見した場合ホリデーイベント期間中アカウント停止するそうだ。マルチアカウントを認めておいて何を言うか、とか、それよりもサーバと回線をとっとと強化したらどうだ、とか言いたい事はたくさんあるのは皆同じだろうが、構築用のカードを移したりとか必要な人はお早めに。

「ホリデーイベント」の詳細については、明日以降発表されるらしいので、またその時に。

2006年12月21日

06-07年末年始イベント

公式サイトにて、年末年始に開催されるイベントの詳細が発表された。

クリスマスからと言わず、本日深夜のサーバダウン明けである12月22日(金)から、来年1月3日(水)午前3時までの間、NixTixドラフトが開催される。予想通り!

また上記期間中、ほぼ1日に1回の割合で賞品4倍(&64位まで賞品配布)PEが開催される。フォーマットおよび詳しい開催日時・賞品配布数などは原文を参照のこと。また、原文上の日時も変更の可能性があるとの事なので、必ずPEルームでの表示も確認されたし。

また先に伝えたとおり、このイベントの期間中は「PC1台につき1クライアント」制限が適用される。何度でも言うが、どうして先にサーバ・回線を強化しようと思わないのだろうか。いっそ日本人プレイヤー全員で集団告訴か?

2006年12月23日

ドラフト・ピック予約機能

Arthさんのブログにてドラフト時の取り置き機能が紹介されており、早速試してみた。

ドラフト画面で、カードを[Ctrl]キーを押しながらクリックすると、そのカードが「選択された状態」(緑枠がつく)となり、そのピックがタイムオーバーになった時、自動的に選択されたカードがピックされる。

選択できるカードは1枚だけで、別のカードを[Ctrl]+クリックすると、新たにそのカードが「選択された状態」になる。

とりあえずピック第一候補を選択しておき、ゆっくり他のカードを吟味すれば、万が一PCがラグってもランダムピックという最悪の事態を避けることが出来る。非常に便利な機能なので、是非活用していきたい。

2006年12月24日

《隠匿+探求》が強かった

デッキは前回と同じく《ロクソドンの教主》ポックス。メインに大幅な変更は無いが、サイドは《ドラゴンの嵐/Dragonstorm》を意識して《隠匿+探求/Hide+Seek》を4枚搭載。まあ1〜2キルとかは仕方無いという方向で。あとビート対策は普通に《糾弾/Condemn》にした。

1回戦:《放蕩魔術師》《ドラゴンの嵐》
1本目、《安らぎ/Peace of Mind》で致死圏を脱出して勝ち。2本目、《隠匿/Hide》2発でライフを守り、素で出た《ボガーダンのヘルカイト/Bogardan Hellkite》を《アダーカーの戦乙女/Adarkar Valkyrie》でがっちり受け止めて勝ち。

2回戦:《放蕩魔術師》《ドラゴンの嵐》
1本目、《精神を刻むもの/Mindslicer》でビートして勝ち。2本目、《隠匿》を3発打ってで完全勝利。

3回戦:《怒りの天使アクローマ》ボロス
1本目、印鑑経由の《神の怒り/Wrath of God》、更に《強迫的な研究/Compulsive Research》→《戦慄の復活/Dread Return》で《アダーカーの戦乙女》を釣って勝利。2本目、《糾弾》《暗黒破/Darkblast》で相手の足を止めて勝ち。

4・5回戦はID。

準々決勝:《放蕩魔術師》《ドラゴンの嵐》(多分)
相手寝落ち。

準決勝:《モミール》マッドネス・リアニメイト
1本目、《ゴルゴンの世捨て/Gorgon Recluse》連打を《神の怒り/Wrath of God》で流した後に、《ゾンビ化/Zombify》→《怒りの天使アクローマ/Akroma, Angel of Wrath》降臨、それに対して《戦乙女》でブロック→《絶望の天使/Angel of Despair》生け贄で再生→《天使》復活→相手の土地を破壊を繰り返して相手の動きを止め、2体目の《戦乙女》を引き当てて完全に場を制圧して勝ち。2本目、相手土地事故気味のところに《小悪疫/Smallpox》が刺さりまくり、トークン生け贄による《戦慄の復活/Dread Return》→《ボガーダンのヘルカイト》を《絶望の天使》でやり過ごして勝ち。

決勝の相手は《喧騒の貧霊》緑単だったので、ガチっても普通に勝ちそうではあったが、体調を考慮してスプリット。4時間ちょいで21パックはなかなかの高配当。体調が悪いかわりに運が良かった…これがハッピーバランス?

2006年12月29日

黒い《サングロ》が僕を攻める

毎週木曜深夜は、定期サーバダウン。なのだが、今週に限ってサーバダウンは無く、普通にドラフトも開催していたので参加してみた。

1回目、《大火口のカヴー/Firemaw Kavu》《鋸刃の矢/Serrated Arrows》を《トレイリアの歩哨/Tolarian Sentinel》や《夢で忍び寄るもの/Dream Stalker》で使いまわすぜデッキ。ところが、《深海のクラーケン/Deep-Sea Kraken》を3ターン目待機させながらも相手のブン周りで1本取られ、2本目で《燃焼/Conflagrate》のダメージ振り分けをする前にうっかり「OK」クリックしてマナ・バーンまでするという素人プレイを見せつけて1没。

気を取り直して2本目、《サングロファージ/Sangrophage》3体投入のほぼ黒単。2ターン目《サングロ》→《ヴェク追われの侵入者/Trespasser il-Vec》→何かマッドネス、という動きを何回か繰り返して決勝進出、《粘つく霊命/Viscid Lemures》に苦しみながらも《結核/Phthisis》でそれを処理して優勝。

2パック損失で、マネーレア紫も《睡蓮の花/Lotus Bloom》《矢》ぐらいしか取れずに割としょんぼりな感じ。

2006年12月31日

今年最後のPE(多分)

いつものヴァンガード2倍PEに参加。3戦目に《野蛮な地の鬼/Oni of Wild Places》ビートにぶん回られて負けた以外は普通に勝ってTOP8入りしたが、準決勝でまた《鬼》アバターにぶん回られて負け。《精神を刻むもの/Mindslicer》で手札を空にし、さあハーコンケーキ突入と思った直後に《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》トップ、更に2連続で《避難の古木/Sheltering Ancient》トップとか意味不明すぎ。

有終の美を飾れず、やさぐれたままの年越しとなりそう…べっ別に皆様にとって来年が良い年になったらいいなんて思って無いんだからねっ!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。