【PR】 シャドウムーア ブースター 日本語版 BOX(11,756 円)
【PR】 シャドウムーア ブースター 英語版 BOX(11,756 円)
【PR】 シャドウムーア ファットパック 英語版(3,145 円)

2006年10月01日

ヴァンガード4倍PE・予選ラウンド

ここ最近はTSPプレリリースやボウリング投げ放題等があったので、ヴァンガードPEからは遠ざかった生活だったのだが、賞品4倍と聞いては自称専門家として参戦せずにはいられない。もし決勝ラウンドまで残ってしまうと、プレリリース・パーティーに遅れてしまう可能性が高いのだが、まあそうなった時はそうなった時だ。

第1回戦:《教主》ずべら
1本目、先に《死蔵の世話人、死零/Shirei, Shizo's Caretaker》出してコンボ決めて勝ち。2本目、今度は先に出された《死零》を対消滅した後はお互いドローゴーとなったが、《虚空の力線/Leyline of the Void》を引き入れてじわじわと有利となって勝ち。

第2回戦:《放蕩魔術士》マガシュー
1本目、《灰色肌のずべら/Ashen-Skin Zubera》で手札を残り1枚まで捨てさせたが、《奇妙な収穫/Weird Harvest》から一気に挽回されて負け。2本目、《春の鼓動/Heartbeat of Spring》《木彫りの女人像/Carven Caryatid》を2枚ずつ出されたところに《罰/Punishment》X=3を放ち、更に《精神を刻むもの/Mindslicer》でコンボを阻害しつつ勝ち。3本目、やはり《精神を刻むもの》を通して勝ち。

第3回戦:《モミール》発掘ズアー
1本目、特に何もされない間に淡々とずべらを並べて《死零》で勝ち。2本目、《極楽鳥/Birds of Paradise》経由から3ターン目に《ズアーの運命支配/Zur's Weirding》を張られる。手札に《日光女/Nikko-Onna》はあれど白マナが無く、結局墓地に2枚の《炎まといの天使/Firemane Angel》が落ちてお手上げ。3本目、相手トリプルマリガン、そしてこちらの初手の《虚空の力線/Leyline of the Void》2枚を設置した瞬間に相手投了。

第4回戦:《エルフのチャンピオン》セレズニア
もともとデッキ相性が良く、最も危ないカードである《制圧の輝き/Glare of Subdual》も出されず、サイドチェンジもせず悠々と勝ち。

第5回戦:《放蕩魔術士》太陽拳
1本目、序盤を《神の怒り/Wrath of God》で凌がれ、《明けの星、陽星/Yosei, the Morning Star》で殴られて苦しい展開となるも、土壇場で《死零》+《極楽鳥》+《灰色肌のずべら》によるがっちり態勢が整い、ライフ1からの逆転勝ち。2本目、サイドインされた《呪文嵌め/Spell Snare》に苦しみつつも、相手の《夜の星、黒瘴/Kokusho, the Evening Star》を《クロヴの囁き/Krovikan Whispers》で奪いながら場を持たせ、相手が隙を見せた瞬間にハンデスロックに持ち込んで勝ち。

といった感じでTOP8入り確定。さて今日こそ1没地獄から抜け出せるのか?



2006年10月02日

ヴァンガード4倍PE・決勝ラウンド

決勝ラウンドに進む前。6戦目はID、最終戦は相手のオポの都合上ガチる事に(《貧霊》グルール)。

1本目をプレイミスで落としてしまった後、サイドボーディング画面に進む手前でいきなりサーバダウン。約30分ものあいだ復帰せず、ひょっとしたらPE消滅…?と心配したものの、その最悪の事態だけは免れた。だが、ゲームは勝手に2ゲーム目に入っており、しかも勝手に《虚空の力線/Leyline of the Void》がサイドインされているとか意味不明な状況。そういった無駄ドローもあって負け。

まあオポだけは凄まじく高かったので、順当にTOP8入り。

準々決勝:《放蕩魔術士》青赤ボアファイア
1本目、《極楽鳥/Birds of Paradise》発進が出来たお陰で土地破壊を苦にせずずべら軍団を展開し、割と難なく勝ち。2本目、マナ加速が出来ないこちらに対してマナ拘束が突き刺さり、サイドインされた《呪文嵌め/Spell Snare》《マナ漏出/Mana Leak》によって展開を邪魔されてジリ貧負け。3本目、《生命の力線/Leyline of Lifeforce》のお陰で存分にクリーチャーを展開でき、《精神を刻むもの/Mindslicer》による手札破壊も決まって勝ち。

準決勝:《貧霊》グルール
1本目、相手の展開が弱い間にすんなり《死蔵の世話人、死零/Shirei, Shizo's Caretaker》モードに入って勝ち。2本目、今度は《瘡蓋族のやっかい者/Scab-Clan Mauler》+《腐れ蔦の外套/Moldervine Cloak》の2ペアに加え《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》によるぶんぶんビートを喰らい、引きも弱くて負け。3本目、ダブルマリガン後土地3枚+《極楽鳥》2枚という絶望的な初手をキープせざるを得ず負けを覚悟したが、《崇拝/Worship》を引いて辛うじて死を免れる。相手が《十手》を引けば負けか…とどきどきしながらひたすら引いてくる土地をセットしつつターンを進めていると、何故かいきなり相手が投了してくれた。

最後はスプリットして終了。ずっと1没続きだったが、ここに来てようやく大きな収穫を得ることが出来た。天敵《アクローマ》オルゾフを踏まなかったのが大きな勝因だろう。

トークンに《一瞬の瞬き》

testingさんの毎週恒例クイズにあった、「象トークンに《一瞬の瞬き/Momentary Blink》を打つとどうなるか」問題。昨日のプレリリース・パーティでも話題になったが、私は「状況起因効果のチェックの入る余地が無いから、トークンは戻ってくる」と推論した。で、正解だったのでほっとした。

でもMOはアレだから、ひょっとしたら消えてしまうかも…。昨日のPEでも、相変わらず手札ゼロ・マナ無し時に勝手に優先権放棄されたし。

2006年10月03日

《教主》ずべら・ほぼ最終型

寿命1ヶ月を切った事だし、先日の4倍PEで使用した《教主》ずべらのデッキレシピを大公開。まあ需要は無いと思うが。

続きを読む

「さよなら神河」祭り

公式掲示板によると、10月19日から26日の間に、神河ブロックによる特別なリーグ戦が開催されるらしい。「祭り」リーグと同様リーグ開催期間は1週間(追加パック無し)で、賞品も通常の2倍となるそうだ。神河ブロックのパックが余っている方は参加してみてはどうか?

2006年世界選手権予選 in MO

年末パリ・ルーブル美術館で開催される「2006年世界選手権」への招待権をかけた、毎年恒例のMO最大イベントが今年もやってくる(原文)。当イベントは予選PE→本戦PE形式で行われる。

予選PEの賞品は通常の3倍だが、参加費は高めに設定されているので注意。また今までの同形式イベントと異なり、予選PEのフォーマットは3種類しかなく、個人的にそれが残念でならない。まあyamashoプロと一緒に世界に羽ばたける最後のチャンスなので、ちょっと頑張ってみるか…。

続きを読む

2006年10月08日

世界への道(1)事故事故

「死んでも予選に出ろ」とのクランキャプテンの命に従い、コールドスナップ・リミテッドPEに参戦。《アダーカーの戦乙女/Adarkar Valkyrie》《難問のスフィンクス/Vexing Sphinx》らの入った白青タッチ赤で、一応《冷鉄の心臓/Coldsteel Heart》サポートつき。2枚の《クロヴの囁き/Krovikan Whispers》の他除去も割と豊富。

1戦目の1本目は飛行戦力であっさり勝ったが、2本目・3本目と《氷結地獄/Cryoclasm》が刺さって負け。2戦目は相手ぶんぶん&こっち事故事故。あっという間にドロップ。弱すぎるスタートで先行き不安すぎ。

2006年10月09日

世界への道(2)もう無理…?

夜9時からのスタンダードPEに、yamashoプロ特製のリアニメイトで参戦したが、1戦目をマリガンミスで落とし、2戦目をnonsugarさんに踏まれて負け、高速ドロップ。

仕方ないので、11時からのコールドスナップ・リミテッドPEに参戦。《ロノムの大男/Ronom Hulk》2体に《アロサウルス乗り/Allosaurus Rider》だけが強い、みたいな赤緑。1戦目を順調に相手ぶんぶんで落とし、その後奇跡的に相手の弱さのお陰で3連勝できたが、5戦目で順当負け、低速ドロップ。

やっぱり環境が煮詰まった時期は苦手みたい。そして苦手意識からプレイングもヘタれる。何と素晴らしい悪循環!

9月度人気記事とか検索ワードとか

すっかり忘れていた上に待っている人もいないだろうが、一応確認のためにチェック。

  1. コールドスナップ祭り
  2. たまには《空虚自身/One with Nothing》の事も思い出してあげてください
  3. 「紫」はスタンダード・リーガル
  4. 世界選手権2006のフォーマット
  5. Tribal Wars TOP8デッキ分布

おおう、7月30日の記事が何故か最高ビュー数を誇っている。あとは主にPrivate Square様に紹介された記事が上位。そういえばTribalなんて今ややるき全くゼロだなゼロの使い魔だな。

B000GB7ENE ゼロの使い魔 Vol.1
ヤマグチノボル 岩崎良明 釘宮理恵
メディアファクトリー 2006-09-22

by G-Tools
続きを読む

2006年10月10日

世界への挑戦(3)散々

4回目の予選PEはスタンダード構築。デッキは前回と同じくリアニメイト。

1戦目、4/67の確率でボアファイアを引いて負け。2戦目、微妙な《結界師ズアー/Zur the Enchanter》デッキに順当勝ち。3戦目、セレズニアが毎ゲーム確実に《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》《制圧の輝き/Glare of Subdual》セットを並べるという脅威の人間力を発揮し、頑張って1本取ったものの負け。またも高速ドロップ。

まあ、長い間普通のスタンダードをやっていなかったツケってことで。多分これ以上続けても無理だと思うので、これで終了。きっとyamashoプロが本戦優勝して、付添い人として一緒にパリに連れて行ってくれるに違いない!

一応デッキ分布を調べたので晒し。

9 セレズニア
7 オルゾフビート
6 ラクドス
4 ボアファイア
4 蛇
4 太陽拳
3 ボロス
3 シーストンピィ
3 ZOO
3 赤緑土地破壊
2 S&F
2 白青コン
2 白青緑コン
2 青黒コン
2 イゼットロン
2 シミック
9 その他(各1)
B0000DJWIN 私をスキーに連れてって
一色伸幸 馬場康夫 原田知世
ポニーキャニオン 2003-11-19

by G-Tools

2006年10月12日

私信など

現在開催中の「Shooting Star クランリーグ4thStage」は、デッキ構築に頭が回らない・最近QMAに夢中・WorldsQTに負けまくって萎えた・などなどの理由により、参加を辞退させていただく方向でお願い。やはりマニアックなフォーマットはキツいっすよ。

「時のらせん」が発売されれば、再びMOにも本腰を入れると思う。QMAの方も「賢者入り」というひとつの目標を達したし、QMA4リリースも割と近いことだし、今後は控えめになりそう。

2006年10月13日

10月の賞品4倍PE

公式サイトにて、10月開催の賞品4倍PEに関する情報が公開された。いつも通り、賞品は64位まで配布される(イベント終了後72時間以内に手動配布)。詳細なパック配布数は原文を参照のこと。

  • 10月15日(日)午前2時 第9版リミテッド(最大384人)
  • 10月16日(月)午前2時 エクステンデッド構築
  • 10月22日(日)午前1時 神河ブロック・リミテッド(最大384人)
  • 10月23日(月)午前2時 スタンダード構築
  • 10月29日(日)午前2時 ラヴニカブロック・リミテッド(最大384人)
  • 10月30日(月)午前2時 スタンダード Tribal Wars 構築

これら旧環境最後のイベントが終わると、次はようやく「時のらせん祭り」ということに。

2006年10月14日

第7回IPA祭り

公式サイトにて、「みんな大好き」IPA祭りの第7回に関する情報が公開された。例のごとく「予選PE→本戦PE形式」で行われる。

予選PEは10月20日(金)から26日(木)の間に開催され、各PEの上位8人が本戦PEの参加権を得られる。本戦PEは10月29日(日)午前1時、または午前2時から開始…原文表記ではPSTとなっているが、ぎりぎりPDT適用時期なので1時開始が有力。いずれにせよPEルームの表示を必ず確認するように。

賞品の配布数やその他詳細については原文を参照のこと。

2006年10月16日

TAIKIせよ!TAIKIせよ!(謎)

日曜日はACPでドラフト三昧。といっても2回だが。6ドラで4位、8ドラで3位というなかなか中途半端な戦績だった。

今回は、2回とも青いドラフトに再挑戦してみた。岡山プレリリースの時は青黒シャドードラフトで散々な結果だったので、青には絶望していたのだが、《遍歴のカゲロウ獣/Errant Ephemeron》を筆頭とする待機クリーチャーおよび変異クリーチャーを軸にしたデッキが悪くないことが先週のFNMで分かったので、かなり積極的に狙ってみた。

結果、1ターン目・2ターン目と連続待機するぶん回りもあれば、逆に相手の軽量クリーチャーに押し切られて負けるというパターンもあり。「待機」と書いてあるクリーチャーは、とりあえず取っておけば間違いないかな。5マナ2/3のアイツも結構やり手。赤や緑の0/4壁などのしっかり相手を受け止めるカードも一緒におさえていけば、青でも十分戦えるねーてな感じ?

Bは何のB?

他の人のサイトを見て気づいた事。

「時のらせん」の略号は、Time Spiral→TSP。それはいい。で、「時のらせん」に収録されているタイムシフテッド・カード、いわゆる「紫」の略号が、何故「TSB」なの?ボーナスのB?びっくりのB?単にPとBの形が似ているから?誰か教えてくだちい。

2006年10月20日

PT神戸開始

とりあえずメモ。

2006年10月21日

軽くな〜れ

MOの「Message Board」を開いていると、やたらPCが重くなる、よね? 少なくとも私以外のある1人も重いと言っている。もし「Selling」「Buying」を両方開いた日には…うへぇ。

何とか改善できないものかと考え、「そうだ!メッセージフィルタだ!」と思いついた。でも確か「Message Board」は駄目だったような…と思ったら、仕様が変更されていたらしく、自分以外の商売メッセージ全消しに成功。詳しくはココを読んでくだちい。更に、そのウィンドウ自体の大きさを、できるだけ小さくしてみた。

結果、若干ではあるがMOクライアントおよびPCの挙動が軽くなった気がする。「Selling」「Buying」両展開+普通にメッセージを全表示している時は、何をするにもいちいちラグっていたのだが、それがあまり感じられない。でも、メッセージを消したためか、あるいはウィンドウサイズを小さくしたためか、あるいは偶然か…根本的な理由は良く分からないし、そもそも単なる気のせいという可能性もある。

という訳で、この件について是非他の人の意見も聞いてみたい。あまりに高性能なPCだとアレなので、できれば非力マシンで頑張ってMOしている人は是非実験してもらいたい。

あと関係無い話だが、構築8人トーナメントの賞品が正式に4-2-1-1になったものの、パックの内訳が分からないので、それを知っている人のコメントも是非頂戴したい。

2006年10月22日

絶不調のまま現環境終了

PT神戸をスルーして挑んだ、IPA予選PE by ヴァンガード。1戦目・2戦目と普通に勝つも、3戦目の《ネクラタル》にぶん回られて負け。4戦目も普通に勝つも、5戦目の《ネクラタル》にまたもぶん回られて負け。《ネクラタル》相手の時に限って、毎回マリガンさせられてうんざり。

他のフォーマットによるIPA予選は出る気が起こらず、今回は多分パスということになりそう。それにしても、世界選手権予選予選あたりから全然勝てない。早く新環境でデッキを存分に回したいなーみたいな。

神河+ラヴニカ環境のヴァンガード総括

早く負けて時間が微妙に余ってしまったので、今度こそさっきのPEで最後となるであろう、神河+ラヴニカ環境のヴァンガードについて色々思いをはせてみようと思う。

続きを読む

2006年10月25日

時のらせん直前の大取引

来たるべき時のらせん発売(MO)に備え、先週辺りから紫カードを大量確保に動いていた。LoMで使われていたもの中心。とりあえず、

  • 《暴行+殴打/Assault+Battery》 4枚5チケ
  • 《荊景学院の戦闘魔道士/Thornscape Battlemage》 1枚2〜3チケ
  • 《稲妻の天使/Lightning Angel》 1枚4〜5チケ
  • 《神秘の蛇/Mystic Snake》 1枚7〜8チケ
  • 《獣群の呼び声/Call of the Herd》 1枚14〜15チケ
  • 《癇しゃく/Fiery Temper》 4枚1チケ未満
  • 《怒りの天使アクローマ/Akroma, Angel of Wrath》 1枚7〜8チケ
  • 《ドラゴンの嵐/Dragonstorm》 1枚3〜4チケ
  • 《呆然/Stupor》 4枚2〜4チケ
  • 《祭影師ギルドの魔道士/Shadow Guildmage》 4枚1チケ未満

このあたりを4枚ずつコンプリート。《聖なるメサ/Sacred Mesa》《テフェリーの濠/Teferi's Moat》《虚空/Void》《ミラーリ/Mirari》あたりは悩みつつも今回はスルーしてみた。

紫のリストが判明した時点で動いていれば、もっと安価に揃えられたはずだとやや後悔。特に《怒りの天使アクローマ/Akroma, Angel of Wrath》の値上がり具合は尋常ではなく、現在BUY10チケというものまである。

で、当然のようにチケットが大量に無くなったので、「もうエクテンはやらないからいいやー」と半ばヤケ気味に、ミラディンブロックまでの古いレアを大量に処分。その直後、PT神戸で開催されたPT横浜予選のデッキレシピに面白そうな白青トロンを発見してしまったので、《精神隷属器/Mindslaver》あたりを買い戻し。でも《嘘か真か/Fact or Fiction》《正義の命令/Decree of Justice》等はもともと持ってないし高いし、なのでクランメンバーの誰かに借りることになりそう。誰かよろしく。

それにしても、発売まで1週間を切ったにもかかわらず、「祭り」に関する情報が全く出ないのはどういう事だろう。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。